【1,000円以内】乾燥肌におすすめ!プチプラなのに肌うるおうチークをご紹介♡

付けるだけで顔がパッと顔を華やかにするアイテム・チーク。付けたてはいいけど、時間が経つとともに肌が乾燥して、粉っぽくなってしまうことはありませんか?本記事では、そんな時におすすめの、税抜1,000円以内でうるおう3つのチークを紹介します。

乾燥肌にやさしいチークが欲しい!

女性

女性

「チークって付けたては良いけれど、時間が経つとだんだん粉っぽくなっちゃう…」
これは本当に困りますよね。

特に乾燥肌の人は1年中、外気などの影響で素肌のうるおいが減らされてしまうため、こういったトラブルに悩まされてしまいます。

というわけで、本記事では乾燥しがちな肌・時季でも使いやすい、うるおう3つのチークを紹介します。

乾燥肌ってどんな状態?

乾燥

乾燥

油分・水分が足りない状態の肌のこと。

元々は秋~冬にかけての時季に多い肌トラブルでしたが、近年はシーズンを問わずに悩まされる人が増加しているのだとか。

対策には、以下のような方法があります。

【乾燥肌のケア】
・低刺激のクレンジング剤でメイクを落とす
・保湿成分の豊富な化粧水で水分補給する
・クリーム・乳液などで肌細胞に水分を閉じこめる
・うるおいパックをする

【乾燥肌におすすめ】プチプラで買えるチーク3選

この項目では、乾燥肌の人から人気の高いうるおうチークを3つ紹介します。

気になるアイテムがあったら、ぜひチェックしてみてください♪

1.SWEETS-SWEETS「ベルベットスフレチーク」

大人女子に「甘く・可愛く・美しく」を提供するブランド・SWEETS-SWEETSによるチーク。

まるでスフレ生地のようにふんわりとしたつけ心地とナチュラルな発色が特徴的で、可愛らしい雰囲気に仕上ります。

このほか、ハチミツ・木苺・ヒアルロン酸Naという3種のうるおい成分を配合。
顔を華やかにするだけではなく、しっかりと肌の保湿も守る頼もしいチークです。

2.セザンヌ「セザンヌ シルクタッチチーク」

老舗ブランド・セザンヌが贈るチークです。

肌にそっとフィットする「ロングキープ処方」をしており、時間がたっても艶めく肌に。
さらに、うるおい成分としてセラミド・ヒアルロン酸・スクワランを配合しています。

乾燥に悩みがちな肌にもやさしく寄り添い、美しい表情に仕上げてくれる1品です。

3.キャンメイク「リップ&チーク ジェル」

身体の温度で溶け、肌に自然にフィットする「ジェル状」のチーク。
うるおい成分には、ヒアルロン酸・オリーブオイル・スクワラン・ハチミツ・スクワランといった成分を配合しています。

ナチュラルな血色感を演出しつつ、肌もしっかりとケアする優秀なアイテムです。

うるおいチークで乾燥肌でも瑞々しく♡

コスメ

コスメ

紫外線や外気の影響で、1年中つらい乾燥肌。メイクについても、悩みが多いですよね。

そんな乾燥肌の人でも使いやすいのが、保湿成分が豊富なチーク。
肌のうるおいをキープしながら華やかさも演出する、優れたアイテムが幾つもあります。

気になったら、ぜひお手に取ってみてくださいね♪
2017年3月14日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プチプラコスメの王道【キャンメイク】のおすすめチークをご紹介!可愛い見た目で優秀♡

プチプラコスメの定番「キャンメイク」♡誰もが一度は試した事があるのではないでしょうか。そんなキャンメイクのおすすめチークをご紹介します☆春メイクにピッタリなカラ―もたくさんあるので、是非参考にしてみてください!

【プチプラコスメ】ALL〝CANMAKE”コスメで色っぽ♡血色メイクを仕上げる!

プチプラコスメとして大人気の〝CANMAKE”♡そして色っぽいメイクで大人気の「血色メイク」今回は1000円以下でプチプラCANMAKEコスメを使った血色メイクをご紹介します♡

プチプラで優秀なハイライトが知りたい!おすすめ5選を紹介します♡

ハイライトは、顔全体を立体的に見せたり、肌にツヤを出したりとメイクに欠かせないアイテムです。しかし、数が多くて何を買えば良いのか迷っている人も多いはず!ぜひ、参考にして頂ければ嬉しいです。

【プチプラ】キャンメイクから発売予定のボルドーチークが気になる!

プチプラなのに優秀!として有名なキャンメイク! ジャンルを問わずキャンメイクコスメが化粧ポーチの中に入っているのではないですか?? そんなキャンメイクから新コスメが発売になります!

プチプラリップ&チーク セットで楽チンコスメがいっぱい♡

コーセーとキャンメイクからお得なセットが定番人気。キャンメイクからは発売してからも話題になり続けているリップグロスをご紹介!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

西本朝香 西本朝香