【2017秋冬メイク】ツヤ派?マット派?乾燥しやすい秋冬に使えるリキッドファンデーション

やっぱり乾燥する秋冬はリキッドタイプのファンデーションが気になりませんか?これからの秋冬にカバー力・保湿力があるリキッドファンデーションをご紹介♡乾燥しがちな秋冬でも粉吹きせずみずみずしい輝きのあるベースを手に入れましょう。

ファンデーション

タン アンクル ド ポー / YSL

こちらのリキッドファンデーションは、「リキッドパウダーファンデーション」タイプで
つけるとサラサラなパウダーに変化します。肌馴染みが良く肌と一体化するように密着。
毛穴やシミなど気になる部分をカバーし、フォギーな質感を演出してくれます。
ナチュラルな仕上がりで厚塗り感もゼロ。是非試してみてください♡

スキン フォーエヴァー フルイド / Dior

ぁゃさん(@aya_y_h_)がシェアした投稿 -

Diorから新しく出たこちらのファンデーションは、朝から晩まで16時間続く完璧な肌へと導きます。
ルミナスマットな仕上がりでこれからの秋冬メイクにピッタリ。リキッドタイプなので乾燥の心配もいりません。
28色もの展開があり、カラーバリエーションも豊富。自分に合うカラーが見つかること間違いなし♡
ツヤ感を出したい方は同じ商品のツヤタイプも販売されてるので是非チェックして下さいね。

ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ / ESTEE LAUDER

エスティーローダーの有名なダブルウェア。リキッドファンデーションの王様と言っても過言ではありません。
ダブルウェアは何といっても、長時間経っても崩れないカバー力が素晴らしいんです。
いつまでも続く陶器のようなキープ力は最大の魅力。メイク直しが必要ないほどだと言われています。

オールデイ ルミナスティック ウェイトレスファンデーション / NARS

@rico1119がシェアした投稿 -

オイルフリーで、まるで何もつけていないかのような軽い付け心地なこちらのファンデーション。
伸びが良く、自然な仕上がりなのにも関わらず、1滴で抜群のカバー力を発揮します。
持ちがいいのは当たり前ですが、崩れても汚くならないので愛用しているという方もたくさんいらっしゃいます。
シミ・そばかすはもちろん、赤みやくすみも消してくれる優秀商品。

インテンシブ スキン セラム ファンデーション /

ボビイブラウンの中でも人気No.1のファンデーションは、みずみずしさを残しつつカバー力もあると絶大な人気を得ています。
薄く塗るとツヤ感・輝きが出たり、重ね塗りをするとマットな仕上がりにもなります♡
これこそがパウダーファンデーションでは出せない魅力。また、重ね塗りをしても厚塗りにならないので不思議ですよね。
保湿効果もばっちりなのでこれからの季節にはおすすめです◎

乾燥知らずなベースメイクを

いかがでしたか??
ただでさえ乾燥しがちなフェイス部分の肌ですが、秋冬は更に乾燥して粉が吹いてしまうという方も多いのではないのでしょうか?
そんな方は是非一度リキッドファンデーションを試してみてくださいね♡
2017年8月14日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017秋冬新作コスメ】ツヤ肌メイクのマストアイテム♡この秋発売のクッションファンデ特集♡

数年前から人気が高まっている「クッションファンデ」ですが、2017年秋も各コスメブランドから高性能なクッションファンデが多数発売されています♡ 今回はそんな大人気のクッションファンデを一挙ご紹介させていただきます。

【2017秋冬コスメ】ベースメイクで迷ったらDior(ディオール)のカウンターへGO♡

ディオールといえば、スキンケアや香水、リップなどのメイクアップのイメージが強いですが、実はベースメイクがかなり優秀なんです♡ 今回は、ディオールのベースメイクをご紹介します♪

【2017秋メイク】新作リキッドファンデでつくる《自然なツヤ肌》が魅力的♡

2017年秋メイクはナチュラルなツヤ肌がおすすめ。美しく理想のツヤ肌を叶える新作リキッドファンデーションをご紹介!この秋活躍すること間違いなしの新作リキッドファンデ!ぜひ参考にしてワンランク上のツヤ肌を手に入れて!

【2017秋メイク】結局どれがいいの?!この秋おすすめの《アイシャドウ》をチェック♡

たくさんある秋コスメですが、結局はどのコスメがいいの?!となりませんか?そんな読者の皆様ために、この秋使えるアイシャドウをまとめてご紹介します♡

【2017秋メイク】デパコスからプチプラまで!秋に向けてゲットすべきマットリップ♡

おしゃれ女子はもうすっかり秋メイク気分ではないでしょうか?秋メイクといえばマットリップ。新作から定番商品までおすすめのマットリップをご紹介します♡

この記事のキーワード

この記事のライター

haruchan haruchan