【2017年夏】デパコス限定♡おすすめファンデーション特集

崩れないメイクをするためにも重要となるのがファンデーション。皆さんはどうやって選んでいますか?今回わたしがご紹介したいのは、人気デパコスブランドのファンデーションたち♡2017年夏の注目ファンデーションをピックアップしてまとめてみました◎

ファンデーション① ▷ ルナソル

ルナソルの【スキンモデリングパウダーファンデーション】は、高い密着力が特徴のファンデーションです。パウダーとは思えないくらいフィットしてくれるので、汗や皮脂にも負けず綺麗な仕上がりが長時間キープされます♡ソフトフォーカス効果でお肌がなめらかに見えます。

ファンデーション② ▷ ランコム

ランコムの【タンミラク リキッド】は、「ユニバーサルライト テクノロジー」という技術を搭載したリキッドファンデーションです。どちらかというとマットよりツヤ感のあるベースメイクを作ってくれるコスメ♡カバー力もありながら薄づきに仕上がるのでおすすめです。

ファンデーション③ ▷ RMK

RMKの【ジェルクリーミィファンデーション】は、ジェルとクリームのいいところを凝縮したようなファンデーションとなっています。ヒアルロン酸などのスキンケア成分も配合しているので、お肌が窮屈にならずうるおいもしっかり保ってくれますよ♡

ファンデーション④ ▷ クリニーク

クリニークの【イーブン ベター パウダー メークアップ ウォーター ヴェール】は、エッセンスローションスラリー製法という独自の方法で化粧水のようなうるおいをキープ◎乾燥肌さんにもおすすめできるファンデーションで、毛穴もしっかりカバーしてくれます♡

ファンデーション⑤ ▷ MAC

MACの【ライトフル C ファンデーション】は、透明感を与えながらお肌の気になる部分をカバーしてくれるという優秀コスメ。幅広い世代に人気のあるファンデーションですね♡ナチュラルな仕上がりになるので、チークやアイシャドウのノリも格段に変わりますよ。

ファンデーション⑥ ▷ NARS

NARS(ナーズ)の【ベルベットマットスキンティント】は、立体感のあるベースメイクに仕上げてくれるファンデーションです。ムースのようなテクスチャーでさらさらとした使用感も特徴ですね♡カバー色は控えめですが、コンシーラーと組み合わせて使えば十分綺麗な仕上がりになります。

ファンデーション⑦ ▷ エスティローダー

エスティローダーの【ダブルウェアステイインプレイスメークアップ】は、崩れるどころが時間が経つとどんどん馴染んでいくような感覚。夜になっても全く崩れず、なかなかお直しができない日のメイクにもぴったりです♡セミマットなベースメイクに仕上がります。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、人気デパコスブランドのファンデーションをご紹介しました♡お肌の特徴は人それぞれなので相性はあるかと思いますが、今回ご紹介したファンデーションはどれも人気で口コミ評価の高いものばかりです◎気になるコスメがあったら是非試してみてくださいね!
2017年7月17日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【メイク動画】JELLY9月号、EMODAコスメで夏のツヤメイク!

ふぉーちゅんが掲載された雑誌、JELLY9月号の付録はとっても豪華!毎回即座に完売するほど人気の【EMODAコスメ】が4つもついています。今回は豪華付録を使ってふぉーちゅん編集部が夏メイクをしてみました。

コンシーラー不要って本当?カバー力重視のファンデーション8選♡

メイクの中で最も入念に行わなければならないベースメイク。時にはお肌のコンディションが良くない日もありますよね。そんな時に便利なのが、コンシーラー不要のカバー力を重視したファンデーション◎今回は抜群のカバー力を持つファンデーションをまとめてみました♡

【2017夏コスメ】要チェック!夏のツヤ肌メイクに欠かせない必須コスメ6選♡

2017年夏メイクはツヤ感がポイント!トレンド溢れる艶メイクを叶えるコスメをご紹介します。キラッと輝くツヤ肌を誰でも簡単に手に入れることが出来ます。ぜひ参考にして理想のツヤ肌メイクを叶えましょう!

崩れない!テカらない!夏にオススメの「優秀プレストパウダー」10選

化粧崩れやテカりが気になる夏はプレストパウダーが必須!今回は、この夏にオススメの「優秀プレストパウダー」を一挙ご紹介します。プチプラからデパコス、新作から定番商品まで盛りだくさん♡

プロのおすすめはコレ♡買って間違いなしのベースメイクコスメ特集

メイクの中でもベースメイクはとっても重要。でもどのコスメを使ったらいいのかわからない…そんな方も多いと思います。今回ご紹介するのは、プロのメイクアップアーティストさんもおすすめするコスメたち♡ベースメイクコスメ選びに迷っている方は必見です!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しろまる しろまる