【キャンメイク】新作アイシャドウ&人気アイシャドウを使って春メイク!

キャンメイクの新発売のウィンクグロウアイズとパーフェクトスタイリストアイズのアイシャドウをつかって春メイクをしてみました! プチプラで可愛く出来るのでぜひ参考にして下さい☆

キャンメイク ウィンクグロウアイズ

4月1日に新しく発売された、キャンメイクウィンクグロウアイズの03 ロマンティックオーロラ(限定色)を使用しました!
キャンメイク ウィンクグロウアイズ

キャンメイク ウィンクグロウアイズ

なんと税抜500円で買えてしまうプチプラアイシャドウなんです!
お安くって可愛いなんて買ってしまいますよね♪
キャンメイクウィンクグロウアイズ

キャンメイクウィンクグロウアイズ

今回使用したのは限定色ですが、定番色で後2色あります。
どれも使いやすい色なのであと2つも追加で買おうか検討中です!

パッケージ可愛いので気分が上がります♪

キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ

先程のアイシャドウと合わせてもう1つ使ったのが、キャンメイクパーフェクトスタイリストアイズ12 ドリーミングフラワー のアイシャドウです。

こちらは以前からある定番商品ですが、より春らしいアイメイクにするために合わせて使いました!

この色の他にもたくさんあって選ぶのに迷うほどです。
私が選んだカラーは春らしいパステルなカラーですが、普段使いしやすいブラウン系のカラーなどもありました!
どれも可愛い色で単色でもグラデーションにしても可愛いアイシャドウです!

こちらのアイシャドウもなんと税抜780円で買えてしまうんです!
5色も入っているのにこのお値段とは驚きです!

Let's make up!!

実際にこの2つのアイシャドウを使ってアイメイクをしてみました!
1分程の動画になっています♪
パステルなピンクとパープルを使うことによって一気に春らしい目元を作れました!

ウィンクグロウアイズの方はラメ感が強いので指でポンポンとのせるようにつけることがポイントです!

パーフェクトスタイリストアイズはピンクやホワイトを涙袋にいれたり、真ん中のキラキラをまぶたの中央だけに入れても可愛いです♪
目元アップ

目元アップ

アイライナー

アイライナーはラブライナーのブラックを使用しました。

目尻だけポイントにカラーライナーを使っても可愛いですよ!

マスカラ

マスカラはキャンメイクでは無いのですがモテマスカラのリペアロングを使用しています。

モテマスカラを含む人気のマスカラを評価した記事もあるので気になる方はぜひチェックしてください☆
マスカラ(自撮り)

マスカラ(自撮り)

さすがキャンメイク様!

キャンメイクパーフェクトスタイリストアイズ

キャンメイクパーフェクトスタイリストアイズ

お値段もお安くて流行りのメイクができるキャンメイクのコスメはやはり凄いですね!

発色もそれぞれ良くて色んな使い方を楽しめるのでこれからもキャンメイク様にはお世話になりそうです。

キャンメイクのアイシャドウで春メイク、ぜひ参考にしてみてくださいね!
2017年4月16日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【忙しい女子にオススメ♡】時短!プチプラ!簡単ブラウンアイメイクをお教えします♪

今回はお値段もお安くて簡単にパパッと出来るブラウンアイメイクをご紹介いたします!

発売まで待ちきれない♡【キャンメイクvsセザンヌ】2017年秋の新作コスメ大特集

秋の新作コスメラッシュの中、みんな大好き「キャンメイク」と「セザンヌ」からも続々と新作コスメが登場!今回は、9月以降に発売となる魅力的な商品を一足お先にチェックしてみましょう♡

【プチプラ】キャンメイクのウィンクグロウアイズ 03番が定番化決定♡ おすすめアイテムも要チェック!

代表するプチプラコスメのひとつである、キャンメイク。そんなキャンメイクから今年4月に新しいシャドウ、ウィンクグロウアイズを発売し大ヒットしましたが、その中でも限定色だった03番が定番化したみたいです♡

ふぉーちゅん超大物イケメンYouTuber【はじめしゃちょー】がふぉーちゅんに登場♡メイク企画の動画も好評配信中!

「はじめしゃちょー」×「アバンティーズ」とふぉーちゅんのタイアップ動画が実現!! 任天堂スイッチ、iPad Pro、miumiu財布など超豪華100万円相当のプレゼントが当たるキャンペーンも開催中♡

みんな大好き【キャンメイク】の人気アイシャドウをまとめてみた♡

幅広い年代の女子たちから支持を集める、人気プチプラコスメブランドの【キャンメイク】。数あるキャンメイクのコスメの中から、今回はアイシャドウをピックアップ♡魅力は値段だけじゃない!?人気のアイシャドウシリーズをご紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のライター

なつみん なつみん