ディオール、限定フェイス パウダー&アイシャドウ - 60年代のブランドロゴを特別復刻♥

-Dior-  60年代ロゴ復刻の限定デザイン♥

一目見て、そのデザインに飛びつきたくなる。ブランドのロゴがパレットいっぱいに刻印された限定デザインは、いつものディオールとは少し雰囲気が異なるポップなもの。色使いが可愛く持っているだけで自慢できる逸品に思える。

20160622_dior_02FASHION PRESS

ディオール(Dior)「サマー シャイン&グロウ コレクション」が登場。2016年6月29日(水)からディオール パフューム&ビューティ 表参道ブティック、バックステージ ストゥーディオ、オンラインストアにて数量限定で発売される。

アイテムはフェイス パウダー「パレット アンテンポレル」とアイシャドウ「ディオールショウ フュージョン モノ」の2種類。

パレット アンテンポレル

20160622_dior_02

FASHION PRESS

「♯008」はクリーム・ベージュ・ライトブラウンのパレットで、シェーディングとしても使用できる色合い。濃い目のブラウンを使うことにより顔に凹凸を持たせることができ、はっきりとした印象をつくる。

20160622_dior_01

FASHION PRESS

「♯009」はオフホワイト・ピンクピーチ・オレンジの三つのカラーで様々なチークカラーを楽しめる。一見みると、かなり派手な色遣いにも思えるが肌にのせると血色のよい頬を自然な色味で演出できる。

今回フェイスパウダーのパレットに刻印された”DIOR"のロゴは60年代に、ファッションショーで使用されたものを特別復刻したもの。

ディオールショウ フージョン モノ

20160622_dior_04

FASHION PRESS

<ディオールショウ フージョン モノ> #511 コメット

20160622_dior_03

FASHION PRESS 

<ディオールショウ フージョン モノ> #581  エクリプス

ジェルムースのような質感のアイシャドウ。なめらかに伸びるのでアイライナーとしても使い心地抜群のうえ、綺麗に色づき続く。エレガントな雰囲気のベージュゴールドに、スモーキーアイでクールな目元を可能にするルミナス ダークブラウンの2つで展開される。

 

【商品詳細】
サマー シャイン&グロウ コレクション<数量限定>
・パレット アンテンポレル #008、#009 各7,000円+税
・ディオールショウ フュージョン モノ #511 コメット、#581 エクリプス 各3,800円+税
発売日:2016年6月29日(水)
取り扱い:ディオール バックステージ ストゥーディオ
・伊勢丹新宿店
新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館2F=ウエストパーク
・東急東横店
渋谷区渋谷2-24-1 西館1F
・東急ヒンカリンカ銀座店
中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座3F
・阪急うめだ本店
大阪市北区角田町8-7 3F
・博多阪急店
福岡市博多区博多駅中央街1-1 3F
※ディオール パフューム&ビューティ 表参道ブティック、オンラインストアでも取り扱う。

【問い合わせ先】
パルファン・クリスチャン・ディオール
TEL:03-3239-0618

2016年10月14日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

"ディオールVSジルスチュアート"秋コレクション!リップ、アイシャドー編♡

おススメのリップとアイシャドウだとしたら、ジルスチュアートとディオールどっちがいいのか?? 二つを比較してみましょう☆

【2017夏コスメ】ディオール(Dior)新作!ジューシーでキュートなカラーに心躍る。アイシャドウ、グロス、ネイル

ディオールから2017夏の新作コスメが発売されました! 毎回限定品は人気ですが今回は発売前からインスタなどで予約してきた!や同じものを3つも買われている方もいらっしゃるぐらいの人気ぶりです! 限定品からリニューアルしたものをご紹介致します!

Diorファン必見♡話題の新スポット「GINZA SIX」にカフェや限定コスメ、ジュエリー登場

4月20日にオープンする話題の新スポット「GINZA SIX」にDiorファン必見のスポットが登場します。限定コスメやジュエリー、さらには韓国について2店舗目となるカフェも登場します。ディオールファンの方はぜひチェックしてみてください。

ディオール、ジャドールから新オードゥトワレ&ヘアミストが登場 4/7より発売

大人気のジャドールシリーズから新しくオードゥトワレとヘアミストが発売されました! ディオール イン ジョイというディオールにしては珍しいネーミングの香水で発売を楽しみにしていました! それでは気になる香りや使い方をお教えいたします!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

rin rin