メイク上級者になりたい!【抜け感】フェイスの作り方♡

抜け感がある顔ってものすごく大人で洗練された表情に仕上がるんです。それはアイシャドウやチーク1つとってもメイクの仕方次第で変わります。是非トライしてみて下さいね!

【抜け感】が欲しい!

マツエクにカラコンがっつりアイラインときめるバッチリメイクもいいけれど、今はもっとこなれ感のある大人のメイクが似合うお年頃♪
いつもと違うメイクアップで抜け感のあるトレンドフェイスをつくりましょう!その違いに驚きますよ。

パーツ別【抜け感】の作り方

ここからはパーツごとに抜け感メイクのポイントをご紹介していきます。

✔️アイシャドウ

アイシャドウは【ベースカラー】に【グラデーション】をつけて、しっかり締めの色を乗せる。たしかにコレで目元の印象はバッチリです!

しかし、大人の【抜け感】を演出するならこのバッチリメイクからは離れましょう!
オススメは今人気の【単色アイシャドウ】をサッと塗ったシンプルな目元♪
しっかりグラデーションをつけるより【抜け感】がでてGOODです!
【濡れ感】や【ツヤ感】などの質感をプラスするとなお良しですよ♡

✔️マスカラ

みなさんはマツエク派?マスカラ派?付けまつ毛派?どれも目元をぱっちりみせる重要なアイテムですよね。

しかし、【抜け感】のメイクをするなら【マスカラ】オンリーのメイクがイマドキ!
【ビューラー】も使わなくてOKです。

@narsissistがシェアした投稿 -

まつ毛の影が肌に落ちるような大人の色気の目元は【マスカラ】オンリーでつくります。

✔️アイライン

アイラインは【ペンシル】【リキッド】【ジェル】など色々なタイプがありますよね。

大人の【抜け感メイク】なら【ペンシル】タイプでさりげなくがオシャレ♪
まつ毛の間を埋めるようにペンシルを使って目尻は長すぎずさりげない長さでラインをプラス!

【リキッド】なら、細く・目尻だけなどさりげなく使うのがイマドキ!

✔️リップ

大人の【抜け感】メイクならリップは【ラフ】感を大事にして使うのがGOOD!リップペンシルを使って描くのもいいけれど、リップを指や直塗りでザッとぬるだけでこなれ感が出せてオススメです。
【カラー】はコーラルやベージュ・ピンク・レッドなどなんでもオッケー!
濃いカラーを使いたいときには、【引き算メイク】で目元やチークから色味を引いたりして派手なメイクにならないように要注意!

✔️チーク

大人の【抜け感】メイクならチークは【クリームチーク】で頬の立体感をプラスするだけでオッケー!色を付けるというよりは血色感をプラスすることに意識をシフトチェンジしましょう。
指でラフにポンポンと叩き込んでも血色感はシッカリ出せます!塗りすぎないように要注意♪

✔️アイブロウ

アイブロウの【抜け感メイク】はナチュラルな眉毛を意識してメイクすること!
まるで【海苔】を貼り付けたようなシッカリかっちり眉毛ではメイクが台無し!

@narsissistがシェアした投稿 -

地の眉毛は大切にして足りない部分だけを足すように、ペンシルやマスカラで眉毛がカチカチになってしまうようなメイクにならないように要注意です♪

おわりに

今回は大人の【抜け感】メイクをご紹介しました。各パーツで少し気をつけるだけで驚くほどこなれた雰囲気が出せるんです。是非普段のメイクを少し変えていつもと違う自分を楽しんで下さいね!
2017年6月12日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

服に合わせるメイクの選び方♡2017夏メイク編。

服に合わせてメイクを選んだり、カラーを選ぶことで全体のバランスが取れてもっと魅力的な印象になります。是非この機会にトライしてみて下さいね。

浴衣に似合う大人の色っぽメイク♡今年の夏は夜でも明るい顔を目指すべし!

夏には浴衣をきて出かけるお祭りや花火大会などの行事が目白押し!でもそんな時にメイクがいつもと同じじゃもったいない!今回は夏の浴衣似合う大人メイクをご紹介♪

ワントーンメイクでいつもと違う大人の顔になってみよう♡

皆さんは普段どんなメイクをしていますか?今回はチークやリップの色を合わせたワントーンなメイク方法とオススメアイテムをご紹介します。

ふわふわ系女子【筧美和子】さん愛用コスメで真似する透明感♡

女性からも男性からも熱い支持を集めている【筧美和子】さんはどんなコスメを愛用しているのでしょうか?同じコスメで透明感美人を目指しましょう♪

【2017夏メイク】この夏はお洒落でモードに…♡眉・目・唇の好バランスメイク

周りと差がつくちょっぴりモードなメイクをご紹介します。最旬トレンドを盛り込んだメイクで憧れの存在に♡眉・目・唇の3点ポイントを掴めば誰でも簡単にトレンドメイクが叶います。ぜひ参考にしてお洒落でモードな夏メイクを楽しんでみて!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みーしゃ みーしゃ