料理やコーヒーにお絵かき♡【シニバード】って知ってる?

シニバードは、ココアやシナモンなどのスパイスを使い、食べ物やコーヒーなどに絵や文字を描くことができるペン♡食べ物など以外にもお皿にもイラストを添えることができます♪世界的に人気のシニバードの魅力をお伝えします。

Instagramもさらに映えるシニバード♡

シニバード

シニバード

Instagramに料理をアップしている方も多いと思います。

盛り付けやお皿に徹底的に拘っている方もいるでしょう♡さらに可愛く仕上げたいなら、シニバードがおすすめです!

シニバードというペンを使うと簡単に絵や文字が描けます♡日本ではまだあまり知られていないので早めにチェックして先取りしちゃいましょう!

写真におさめる楽しさだけではなく、食べる側も笑顔になるようなアイテムなのです。では、詳しくご紹介していきますね♪

スパイスがあればすぐに出来る♪

シニバード

シニバード

シニバードは、ココアやパプリカパウダーなどのスパイスを使うだけですぐに描けます。

いつもの食事や飲み物に絵や文字を描くことで、さらに楽しい気持ちになりますよね♪
プレートにもイラストを添えることができ、華やかさが増します♡

使い方も簡単!

使い方

使い方

シニバードの使い方はとてもシンプル!背中にあるフタを取り外してスパイスを入れるだけでセット完了です。
そのままボタンを押せば、ペン先からスパイスが出て来ます。とても簡単なのでお子さんでも簡単に扱うことができますよ♪

シニバードでお絵かきしてみよう☆

シニバード

シニバード

セットした後はペンのボタンを押して、お絵かきしましょう!
絵には自信が無い…という方も、小さいお子さんも難なく使えるし、お手入れも楽です。

線の太さを変えることもできるので色々なデザインを描けますよ♪

無限のデザインを楽しもう!

シニバード

シニバード

左上のように、ドーナツ一つでもプレートに絵を描けば華やかさが一気にプラス♡

朝のカフェラテに文字を描けば、笑顔が生まれること間違いなし♪

さらに、スパイスの種類により色も変わるのでデザインに合わせた色を自由自在に楽しめますよ。
シニバード

シニバード

量も自在に操れます。
簡単な方法で本格的なアートを描けるかも!?
お客さんを招いた際に、コーヒーなどに文字を描くとさらに喜んでもらえますね。
シニバードの日本価格はで約4,000円前後が目安のようです。
不定期でセールなども行なっているので、こまめにチェックしてみるとお得に購入できます。
海外の購入サイトなので送料が掛かってしまいますが、是非購入してみてくださいね。

いかがでしたか?

今まではミルクや爪楊枝を使ってコーヒーなどにアートを楽しむ方法が主流でしたが、シニバードの登場で自宅で簡単に本格的なデザインを描くことが可能になります♡
日本ではまだそこまで流行していないので、本格的に流行る前に先取りしちゃいましょう☆
2017年1月2日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インスタ映えも◎春限定?!【桜パスタ】が可愛くておしゃれと大人気♡

今インスタで密かに話題になっている、桜モチーフのかわいいパスタ。見た目も春らしく、いつもの食卓が華やかに彩ると主婦を中心に人気を高めています!さっそくに気なる桜パスタをチェックしてみましょう♡

驚きと感動と癒しをくれる❤︎ちょっと変わったラテアートが楽しめる全国のカフェ♪

現在大流行中の「ラテアート」。今回はそんなラテアートが楽しめる全国のカフェの中でも、一風変わったお店をご紹介♪これを見たら、行きたくなること間違いなしです❤︎

イタリア生まれ!【MARVIS】の歯磨き粉で歯が白くなると話題♡口コミを集めてみました

芸能人も愛用しているというMARVISの歯磨き粉が今とっても話題になっています。イタリア生まれのMARVISの歯磨き粉は、ホワイトニング効果がとっても高いと評判になっているのです。日本から購入するとちょっぴり高価ですが、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

今話題のデリカフェ「FRANZE&EVANS LONDON」インスタ映え間違いなしの人気ドリンクをチェック

SNSで見かけるキュートなドリンク#イートン メス パブロバってなに?気になる方にデリカフェフランツアンドエヴァンス ロンドンの魅力をご紹介します。 インスタ映えするカフェで女子会開催して、イマドキ女子の仲間入りしちゃいましょう♡
ay

コーヒーの出し殻は捨てちゃダメ!知らなきゃ損な活用法!

コーヒーを入れた後の出し殻、ひょっとしてそのままゴミ箱行きにはなっていませんか!?コーヒーの出し殻にはいろいろな再利用方法があります。今回はコーヒーの出し殻を使った活用法を紹介しますので、皆さんも捨てずに再利用してみてくださいね♡

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Megumi Megumi