海で実践したい♡ ビーチ写真を簡単に盛るテクニックって?

海に遊びに来たら、やっぱり思い出をおしゃれな写真にして残したくなりますね。しかし実際どうやって撮ればいいか分からない…なんてお悩み女子も多いはず。そこで今回は夏小物やカメラのアングルを工夫して、おしゃれなビーチ写真を撮ってみましょう♡ 実はちょっとしたテクニックで簡単におしゃれに盛れるんです◎

おしゃれな写真をアップしたい!

海に遊びに行く機会も多くなる夏。
せっかくだからインスタグラムやSNSに写真をアップしたくなりますよね♡

実はちょっとしたテクニックで、今よりもっとおしゃれに写真を撮ることができるんです。

せっかくのバーケーション。
キレイな海やかわいい水着姿をおしゃれな写真で残しましょう♩

まずは写真を盛る夏小物をチェック

♯ ビーチタオル

まずは写真をさりげなくおしゃれ見せしてくれる小物アイテムがらチェック。

広いビーチに映えるビーチタオルは海外からお取り寄せするのがおすすめ♡

キレイな配色や、シーズンムードを高める柄がたくさんあります。

休憩時間に羽織ったり、ラグ代わりに仕様してもおしゃれ。

♯ サングラス

♯ ハット

水着コーデを大人っぽくアシストしてくれるサングラスも忘れずに。
おしゃれ女子はトレンドにも敏感♡


今年はカラーサングラスがトレンドだから、
今年っぽさもしっかり抑えて損はなし。
夏の定番小物のハットだけど、
実はビーチ写真に映えるアイテムでもあります。

小物を並べて写真をとるときや、夏っぽさを手軽に演出できて便利♩

アングルに注目!

下から上に

下から上に向けて視線を送ると、水着姿がパッと映えてとってもおしゃれ。

気になるウエストラインもカバーできるから、
水着を主役にした写真を撮るときにおすすめです。

平行線

海を背景に夏小物を並べればシーズンムードがグッと高まります。

ツバ広ハットを小物に重ねるようにするだけで、写真に立体感がでておしゃれな雰囲気に◎

横一列で並べるより、少しずらしてみるとGOOD♩

奥行きをだす斜め取り♡

細見え効果も期待できる

人物を撮るときは奥行きのでやすい斜め取りが基本。

ボディラインをほっそり見せる効果もあるのでぜひ試してみて♡

背景の海も一緒に移りやすくなるから<the 海>な感じも演出できそう♡

ビーチタオルを大きく広げる

水に透かしてみる

ビーチタオルを大きく広げると波風を上手に写真に収めることができます。

おしゃれな柄のビーチタオルを選んでおくとさらにインスタ映えしそう!

臨場感のある写真が撮れるはず。
キレイな海に来たらその透明感も写真に収めたいですね♡

脚や腕など、体の一部を透かして写真を撮るとキレイなビーチ写真になります。

水紋や水中で反射する光など、キラキラと輝く水面は思わず見入ってしまいます。

おしゃれなビーチ写真を残そう♡

待ちに待った夏だから、バーケーションを思いっきり楽しみたいですね♡ おしゃれなビーチ写真を残せたら、SNSのの反響も良さそう♩ カメラのアングルに注目したり、夏小物を使ってぜひ上手に写真を撮ってみてください。
2017年7月13日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一度ハマると抜け出せない!?おすすめ楽しい画像加工アプリ4選♡

一度始めると止まらなくなっちゃう! そんな次のsnowになり得る画像加工アプリをご紹介いたします! いろんな意味で盛れること間違いなし!?

フィッシュボーンで作る簡単おしゃれな進化系へアアレンジ♡

あみこみやくるりんぱなど、おしゃれでかわいいヘアアレンジが最近マンネリ化してきたというあなた、とっても簡単で手軽にできるフィッシュボーンアレンジはじめてみませんか?♡

フランス生まれ!冷凍食品専門店【Picard(ピカール)でおしゃれな朝食を♡】

フランス生まれのPicard(ピカール)が主婦を中心に今話題になっています。本格的なフランス料理から、ほっこり温かいスープまで種類も充実しています♡インスタグラマーも注目の冷凍食品専門店をチェックしてみましょう!

【海外版】人気ファッショニスタのInstagramが可愛すぎる♡

InstagramといえばおしゃれSNSの代表ですよね♡今回は、おしゃれ好きなら絶対にフォローすべき海外の人気ファッショニスタのアカウントをまとめてみました。コーディネートの参考にして、海外ファッションにチャレンジしてみませんか?

【SNS映え】みんな大好き”アイスクリーム”でお洒落な写真を撮っちゃおう♡

旅行先でもお家でも、ついアイスを食べてしまう、なんていうアイス大好きさん、多いのではないでしょうか。そんなあなたがいつも食べているアイスを「いいね!」に変えてしまうおしゃれな写真の撮り方を紹介します♡

この記事のキーワード

この記事のライター

寺坂 春人 寺坂 春人