珍しい石のお守り、指輪のお守りのある、大阪パワースポット!恋のお守りにも♡

最近、パワースポット巡りや御朱印集めをする人が増えていたり、可愛いお守りがあると話題になりますね♪

今日は大阪で珍しいお守りを頂ける、住吉大社の「五大力守り」サムハラ神社の「御神環(指輪型肌守)」をご紹介したいと思います♡

住吉大社 五大力守り

top
tripadvisor.jp

全国2,300か所にある住吉神社の総本宮、大阪市住吉区にある住吉大社さん。
大阪人に初詣といえば「すみよっさん」と口をそろえて答える、大きく有名な神社ですね♪

太鼓橋やおもかる石など、有名なものはたくさんありますが、今回ご紹介したいのは「五大力守り」

I0026_009
battera.co

「五大力」である、体力・智力・福力・財力・寿力のいずれかの願いを一つ叶えてくれる強力なお守り。
このお守り、授与所でいただけるものではなく、文字が書かれた石を自ら探すお守りで、探す楽しさや自分で見つけることで更にご利益を感じられたり、願い事が叶うと有名です♪

ではどこで探すのか?
第1本宮の右横の門の「五所御前(ごしょごぜん)」で頂く(探す)ことができます♡

SONY DSC
mizuru99.blog125.fc2.com

このように石の柵で囲われた中に腕を伸ばして、さぐり、さぐり・・・

sumiyoshi-taisha-shrine
tripadvisor.jp

結構な石の量です。笑

写真だけ見ると、見つかるの!?と思いますが、運がよければ10分ほどで3つの石を見つけられる人もいます♡
ごろごろと文字の書いた石があるわけではないので、見つかる時間は自分次第。
運試し要素があって、見つかるかドキドキします。笑

実は筆者のわたくし、みねさん。も以前に住吉さんを参拝したときに、探してきました♡

^905683A7667B2A20AD864EF1A451292238BCE998212199918F^pimgpsh_fullsize_distr

20分ほどで二人分見つけることができました♪
始めはなかなか見つからないのですが、見つかりだすと一気に見つけれます!

専用のお守り袋は授与所で300円で頂くことが可能です^^

大事な御礼参り

見つけて、やったーとそのままずっと持っておくのではなく、願い事が叶えば御礼参りをすることが大事です。

授かった自分の「五大力守り」と、更に他の石に五・大・力と書き倍にしてお返しするのが「五大力守り」の御礼参り!

幸せの数珠つなぎみたいで素敵な御礼参りですね♡

住吉大社アクセス

大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9−89
南海電車「住吉大社駅」より徒歩3分
阪堺線(路面電車) 「住吉鳥居前駅」降りて目の前

入手困難!サムハラ神社の指輪型守り

キャプチャ
google.co.jp

大阪市内西区にある、サムハラ神社。
比較的小さな神社ですが、ご利益のすごくあるパワースポットと話題になっているのです♪

このサムハラという字は神字と言って、通常漢字ではないのですね。
すごくパワーのある神字らしいです!

そのサムハラ神社で入手困難なお守りがあります。
それが肌に身に着ける肌守りの御神環(指輪形肌守)

EA3060A43AD2449692B43A5D211BC637_L
guide.travel.co.jp

それぞれの号数があり、指にはめることでその力を発揮するお守り♡

指輪の裏には「サムハラ」の4字が刻まれています。
一つ一つ丁寧に作られ、ご祈祷されたお守り。

指輪が苦手な人がつけていても、つけていることが気にならないほど不思議と肌になじむそうです。

こちらのお守り、手作業で作られるため入荷数が少なく、話題になっていることもあり、入荷から4日で人気の号数は完売するとのこと×

現在月に1回ほどのペースで入荷しているとのこと。
お参りに行って、いただくことのできたあなたは超ラッキーです♡

2544D3F7943941B691152408088683F6_L
guide.travel.co.jp

もしほしい号数が手に入らないくても、4文字が書かれた御朱印をいただくだけでもパワーをいただけます♡

特別なレア御神環も!?

この御神環、プラチナ製と18金製の特別仕様もあるとのこと!
もちろんお値段跳ね上がりますが・・・笑

普通の御神環が3,000円で頂くことができ、18金製は28,000円前後、プラチナ製は47,000円前後でサイズによって違ってくるらしいです。

この特別仕様、今後は一切作らないらしく在庫だけのため、かなりレアなお守りのよう。

サムハラ神社アクセス

大阪府大阪市西区立売堀2丁目5−26
大阪市営地下鉄「阿波座駅」から徒歩5分

2016年6月14日 更新

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みねさん。 みねさん。