増えるのが嬉しくなる♪貰った年賀状の保管方法とは?

新年の挨拶で今年もいただいた年賀状。貰える数が多ければ多いほど、なんだか嬉しいもの。しかし、収納方法に悩まされてしまうのも事実ですよね。今回はみんながやってる可愛い保管方法をご紹介します。

ハガキ用のファイルに保管

はがきファイル

はがきファイル

出し入れもしやすくてまとめやすいハガキ版サイズのファイルがダントツ人気。
シンプルなデザインはお部屋のコーディネートの邪魔にもならず、自分でデコレーションを楽しむことができるのも嬉しいですよね。

無印良品のハガキ用ファイルが人気

サイズのハガキ用ファイル。コンパクトなのにたくさん収納できるのが魅力的ですよ!

大事な分だけケースにいれるのもあり♡

年賀状そのものを一つのハードケースなどにいれて保管するのも一つの方法。
年賀状自体を傷付けずシンプルな活用ができるのがポイント。
あまり年賀状を長く保管したくない人はこのケースに入るだけと予めきめて管理するのも良いかもしれません♪

年度別にテープで固定する

年賀状製本

年賀状製本

リメイクやデコが人気を集めている近年はこちらの方法が大人気!
なんと、マスキングテープがあればできちゃうのでとっても経済的です。
間違えたり、抜きたい年賀状がある場合もテープ固定なので抜き出しやすいのがポイントです。

テープでの固定方法

輪ゴムで束ねる

輪ゴムで束ねる

1.まず貰った年賀状を綺麗に揃えて輪ゴムで束ねてキレイに整えます。
※枚数は30枚から50枚くらいが理想的。
多すぎたり、少なすぎたりすると外れやすくなってしまうので注意しましょう。
年賀状をまとめる

年賀状をまとめる

2.揃えた束の左縁をマスキングテープで固定します。
※しっかり止めたいと言う人は、先にに白のガムテープで下どめをしてマスキングテープを止めるとキレイに固定できます。

古い年賀状はどうしてる?

年賀状

年賀状

捨てられないからと言ってずっと保管しておくとすごい量になってしまう年賀状。
5年も経つと生活環境が変わり、転職したり家族ができたりなど人によって様々ですよね。
当然、付き合い自体も無くなっていたり、住所が変わっていて、出したのに住所不明で帰ってくる年賀状があることしばしば。
絶対捨てたくない!と言う思い入れのある年賀状でない限り、過去3年よりも前のハガキは処分すると言う人が多いようです。
捨てる際は住所などの個人情報が記載されているので、必ずシュレッダー処理をするように心がけましょう。

おわりに

おしゃれなまとめ方

おしゃれなまとめ方

いかがでしたでしょうか。
手紙を送りあうことが少なくなって来ている近年。
年賀状は一年に一度の、大切な手紙の一つでもあります。
きちんとした保管をして、自分らしく管理してみてくださいね。
2017年1月6日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のライター

kesapasa* kesapasa*