簡単なのに可愛い!おしゃれ感がUPするヘアアレンジ3選♡

変わり映えしないヘアスタイルに飽き飽きしていませんか?ヘアアレンジに挑戦したいけど、わたし不器用だし…。そんな方に是非おすすめしたい、簡単なのに可愛いヘアアレンジがあります!不器用さん必見です◎

1 ▷ ハーフアップお団子

 (178956)

まずは今年大流行したハーフアップお団子。海外セレブから人気に火がついたこのヘアアレンジ。髪の毛の長さを選ばないハーフアップお団子は、ボブでもミディアムでもロングでもかわいいんです♡簡単に出来てこなれ感のあるスタイルに仕上がるので、慣れてしまえば朝の忙しい時間でもパパッと作れちゃいます◎
 (178970)

ハーフアップお団子の作り方は、ハーフトップの髪の毛をお団子にするだけ!きちっとしたお団子を作るのではなく、ざっくりとまとめるのがポイント。仕上げに全体を軽く崩してあげると、今流行りのゆるふわお団子に仕上がります。崩す時は、鏡を見ながら少しずつ毛束を引っ張ると失敗しにくくなりますよ♡

>>> ハーフアップお団子の作り方

2 ▷ くるりんぱ

 (178980)

続いては、へアレンジの幅が大きく広がるくるりんぱ♡やり方は、ポニーテールを作って根元を緩めます。根元に指を入れて輪っかを作り、その輪っかの中に上から毛束を通します。最後に毛束を軽く引っ張って締めると完成です♡たったこれだけのシンプルなアレンジですが、取り入れるだけで一気に今風スタイルになるのが魅力◎
 (178982)

シンプルな低めポニーテールも、くるりんぱを取り入れることでおしゃれ度アップ♡ヘアアクセサリーと組み合わせても可愛らしいですね。ヘアアクセサリーを使わなくても、結び目を中心に軽く崩してあげると結び目のゴムが目立たなくなります◎その日の気分やファッションに合わせて変えるのも楽しいですよ♡

>>> くるりんぱの作り方

3 ▷ メッシーバン

 (178992)

「崩れかけのお団子」という意味を持つメッシーバン。その名の通り、ふわふわで緩めのお団子ヘアを指します◎カジュアルなヘアアレンジですが、どんなファッションにも合わせやすく、季節を選びません。ポイントは「無造作感」。きっちりとしたお団子ではなく、ルーズ感のあるお団子を作ることが重要です。
 (178993)

お団子を作る位置によって印象が大きく変わります。低め位置だと大人っぽい、おしとやかな印象に。高め位置だと活発で明るい印象になります◎あえて後れ毛は残して、ラフに仕上げることを意識しましょう。お団子を作る前に全体を軽くコテで巻くと、アレンジがしやすく、また浮遊感も出てこなれ感アップ♡

>>> メッシーバンの作り方

最後に

 (179004)

いかがでしたか?今回は、不器用さんでも簡単に出来る可愛いヘアアレンジを3パターンピックアップしてご紹介しました。最初は上手くいかなくても、慣れてくるとどれも数分で出来るようになります◎今回ご紹介したヘアアレンジをマスターして、毎日のおしゃれをもっともっと楽しみましょう♡
2017年1月10日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017春】とにかく可愛い♡最新ピンク系ヘアカラー特集

春にぴったりな色といえば、やっぱりピンクですよね♡女の子らしい印象が強調されるピンクを、この春はヘアカラーに取り入れてみませんか?春に向けて、今からイメージチェンジの準備を始めましょう!

2017年は【ダークカラー】がくる!気になる最新ヘアカラー3選

その人の印象に大きく影響するヘアカラー。2017年トレンドのヘアカラー、気になりますよね♡今年はダークカラーブームと言われています。いち早くトレンドを取り入れたい方々におすすめしたい、3つの最新ヘアカラーをご紹介◎

美容院に行く前にチェック✧海外セレブの夏のヘアスタイルは!?

本格的な暑さが迫ってきた夏!美容院にいってさっぱり切っちゃうのも良し!明るくカラーするも良し!でもその前に人気の海外セレブはどんな髪型なのかトレンドもチェックしてみない!?もしかしたらあなたのピンとくるぴったりなものがあるかも?♡
hik

2017年春のトレンドのヘアスタイル☆いち早くチェックしてみて!

まだまだ寒い日が続きますが、もう春のファッションがスタートしています。春はウキウキする季節ですが、ヘアスタイルもトレンドを取り入れておしゃれを楽しんでみましょう。そこで、今回は2017年春のトレンドヘアスタイルをまとめてみました。

サイドから少しだけ見えるうなじがセクシー♡サイドヘアアレンジ

ちょっとおしゃれして出かけたい時や、結婚式のお呼ばれヘア。どんなスタイルにするか迷ったらサイドアップはいかがですか?ハーフアップやフルアップもいいけど、ちょっと色気漂うセクシーなスタイルもオススメ♡
ay

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しろまる しろまる