料理やコーヒーにお絵かき♡【シニバード】って知ってる?

シニバードは、ココアやシナモンなどのスパイスを使い、食べ物やコーヒーなどに絵や文字を描くことができるペン♡食べ物など以外にもお皿にもイラストを添えることができます♪世界的に人気のシニバードの魅力をお伝えします。

Instagramもさらに映えるシニバード♡

シニバード

シニバード

Instagramに料理をアップしている方も多いと思います。

盛り付けやお皿に徹底的に拘っている方もいるでしょう♡さらに可愛く仕上げたいなら、シニバードがおすすめです!

シニバードというペンを使うと簡単に絵や文字が描けます♡日本ではまだあまり知られていないので早めにチェックして先取りしちゃいましょう!

写真におさめる楽しさだけではなく、食べる側も笑顔になるようなアイテムなのです。では、詳しくご紹介していきますね♪

スパイスがあればすぐに出来る♪

シニバード

シニバード

シニバードは、ココアやパプリカパウダーなどのスパイスを使うだけですぐに描けます。

いつもの食事や飲み物に絵や文字を描くことで、さらに楽しい気持ちになりますよね♪
プレートにもイラストを添えることができ、華やかさが増します♡

使い方も簡単!

使い方

使い方

シニバードの使い方はとてもシンプル!背中にあるフタを取り外してスパイスを入れるだけでセット完了です。
そのままボタンを押せば、ペン先からスパイスが出て来ます。とても簡単なのでお子さんでも簡単に扱うことができますよ♪

シニバードでお絵かきしてみよう☆

シニバード

シニバード

セットした後はペンのボタンを押して、お絵かきしましょう!
絵には自信が無い…という方も、小さいお子さんも難なく使えるし、お手入れも楽です。

線の太さを変えることもできるので色々なデザインを描けますよ♪

無限のデザインを楽しもう!

シニバード

シニバード

左上のように、ドーナツ一つでもプレートに絵を描けば華やかさが一気にプラス♡

朝のカフェラテに文字を描けば、笑顔が生まれること間違いなし♪

さらに、スパイスの種類により色も変わるのでデザインに合わせた色を自由自在に楽しめますよ。
シニバード

シニバード

量も自在に操れます。
簡単な方法で本格的なアートを描けるかも!?
お客さんを招いた際に、コーヒーなどに文字を描くとさらに喜んでもらえますね。
シニバードの日本価格はで約4,000円前後が目安のようです。
不定期でセールなども行なっているので、こまめにチェックしてみるとお得に購入できます。
海外の購入サイトなので送料が掛かってしまいますが、是非購入してみてくださいね。

いかがでしたか?

今まではミルクや爪楊枝を使ってコーヒーなどにアートを楽しむ方法が主流でしたが、シニバードの登場で自宅で簡単に本格的なデザインを描くことが可能になります♡
日本ではまだそこまで流行していないので、本格的に流行る前に先取りしちゃいましょう☆
2017年1月2日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【お手軽料理】いろんな味で楽しめる!いろいろなレモンパスタのレシピをご紹介♡

レモンパスタと言えば、サッパリとしたイメージがありませんか?作り方によっては、また違ったレモンパスタを楽しむことができます。簡単でいろんな味付けで作れるレモンパスタレシピを紹介します。

【スターバックス】カスタマイズで自分だけのお気に入りドリンクをオーダーしよう!

スターバックスでは味の好みや健康面に合わせて、15ものアイテムがカスタマイズできます。新商品もご紹介! フレーバーや甘さを加えたり、カフェインやミルクの調整など、おすすめのドリンクとのコンビネーションも教えます☆

お正月の残りの蟹ちゃんをもっと美味しくアレンジレシピに♡絶品蟹料理を作ろう

お正月はちょっと豪華に!と意気込んで豪勢にお正月料理、おせちを堪能したけど、ちょっと余っちゃった蟹どうしよう?冷凍蟹をさらに美味しくアレンジしたレシピをご紹介します♡ボイルをそのまま食べるのもいいけど、アレンジしてさらに美味しくいただきませんか?
ay

ロッテの定番アイス【モナ王】にコーヒー味が登場!1月23日から販売開始!

ロッテの定番アイスである「モナ王」シリーズに、新しくコーヒー味が仲間入りすることが発表されました。シンプルな味を楽しめるモナ王は幅広い年代に支持されています。ぜひ、新商品もチェックしてみてください♪

ローラが料理に使っているオイル【ギー】が万能すぎるらしい!

モデルのローラが料理に多用している「ギー」をご存知でしょうか?昔から南アジアで作られ、バターから水分やたんぱく質を除去した油のことです。 純粋な油なので、美容やダイエットにも効果的と今話題です♡詳しくご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Megumi Megumi