【ファッション】2017年春。今着たい、日本のデザイナーズブランド4選。mame、AKANE UTSUNOMIYAなど。

重たいコートに暗い色。そんなものから解き放たれる春♡お洒落な服を着て軽やかに街へと繰り出したい!世界からも高い評価を得ている、今買って間違いなしの日本ブランドをご紹介♡

洗練されてゆく日本ブランド

近年、日本ブランドが再び世界に注目されてきています。

2005年にTOGA、2011年にはsacai(サカイ)やJOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン)。
2014年にはCHRISTIAN DADA(クリスチャンダダ)がパリコレデビューを果たしました。

特にsacaiへの評価はとても高いですよね。朝日ファッション大賞を二度も受賞しています。
それもそのはず。こだわり抜かれたディティールやsacaiにしか作り出せないシルエットは圧巻です。

今季はアウトドアブランドのThe North Faceともコラボも果たしています。

今回はちょっぴり背伸びしても買いたい、買う価値のある日本ブランドを大特集♡

mame kurogouchi

mame

mame

mame

mame

mame

mame

2014年、毎日ファッション大賞にて新人賞・資生堂奨励賞を受賞したmame。

2010年に立ち上げたばかりの新進気鋭のブランドです。
デザイナーは黒河内真衣子さん。日本の伝統工芸や技術に傾倒し、実際にその土地へと足を運ぶ彼女。そこからヒントを得たmameの服は全てが繊細な作りで細部にまで拘って作られており、まさに芸術品といっても過言ではありません。一度見るとその美しさにあなたもきっと虜になってしまうはず。
mame

mame

mame

mame

mameのお洋服は首元や手首が美しく見える事を意識して作っており、その部分を魅せるデザインが多いです。が、その他の部分もとっても綺麗に見えるんです。
出るところは出て締めるところは締めて、というように女性のカラダをより魅力的に魅せてくれます。
だけどいやらしさを感じさせないのが凄いところ!

着るだけで洗練された輝きを放ってくれるmameのお洋服、絶対に絶対に一着は持っておきたいですね。
そんな憧れのブランドです。

AKANE UTSUNOMIYA

au

au

au

au

au

au

au

au

AKANE UTSUNOMIYAは2009年に蓮井茜さんが創立したブランドです。

ブランドのコンセプトはラグジュアリー、素材の特質、そしてクリエイティヴである事。
蓮井さんは長い間ニットを専門にやっていたので、ニットに特化した服作りを目指しています。
シルクコットンやリネンを用いたソフトな色合いのニットウェアを中心に、ニットと布帛を巧く組み合わせたユニークながらも使いやすいアイテムや、もちろんニット以外のアイテムも展開しています。
あう

あう

AKANE UTSUNOMIYAを着ると思う事。

「着心地がいい。」

とにかく着ていて気持ちいいんです。
勿体なくて特別な日に着るようにしていますが、本当は毎日でも着てたいくらい。
そして普段使いはしやすいけれど、ありそうであまりないデザイン。
AKANE UTSUNOMIYAの強みであるニットは勿論の事、スカートも人気があります。
身体を美しく見せるシルエットはさすが、緩さと女性らしさを大切にしているだけあります。
一度袖を通してみてください。

JOHN LAWRENCE SULLIVAN

jls

jls

2003年、柳川 荒士さんが設立したJOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリバン)。
2008年には毎日ファッション大賞にて新人賞・資生堂奨励賞を受賞。

優雅さ、強さ、美しさを非常に大切にしています。伝統的な英国テーラードが基盤にあり、シーズンによりミリタリーであったりスポーツテイストなどをプラスしたスタイルを展開しています。
「強さ」と「美しさ」の追求のため、デザインにも素材にも拘りを持っています。

なんとデザイナーの柳川 荒士さんは元プロボクサーという異例の経歴。
「ジョン ローレンス サリバン」というブランド名は、伝説のプロボクサー、ジョンローレンスサリバンから付けたようです。
jls

jls

jls

jls

JLSの2015FWにて発売されたワイドデニム。

センタープレスで、ウエスト部分が折りたたまった不思議なデザインのワイドデニムですが発売された途端に売り切れ続出。
筆者も買いましたが、買った当時はいろんな人にどこのものかと聞かれました。
とても印象的ですし、意外と綺麗めなのでトップスやアウターによってカジュアルにも着れたり、カッチリにも仕上げられます。芸能人にもこのパンツを愛用している方が多くいます。
大人気なので、2015FW以降のコレクションでもこのカタチのパンツが発売されるようになりました。
jls

jls

ファッションスナップなどでもサリバンのアイテムを身に着けている方をよく見かけます。
特にジャケット、ライダース、パンツ、、などなど定番アイテムで長く身に着けられるアイテムへの評価がとても高いのがこのブランドの強みかなと思います。
良いものを長く着るというのが今の時代。
是非ゲットしてみてください。

TARO HORIUCHI

th

th

2009年、デザイナーである堀内太郎さんが立ち上げたブランドです。
堀内太郎さんはロンドン、ベルギー、パリでファッションを学んだ後、東京でTARO HORIUCHI(タロウ ホリウチ)をスタートさせました。
なんとファッションの名門アントワープ王立芸術アカデミーを首席で卒業したそうです。

TARO HORIUCHIの洋服は奇をてらったデザインなどはあまり無く、どちらかと言えば普段使いしやすいものが多いです。
他のブランドにもありそうなデザインだなと感じる方もいるのではないかと思いますが、素材や丁寧な縫製にこだわりぬいたTARO HOURIUCHI。一度着ると、「やっぱり違うな」と感じます。
本当に良いものを使っているので着心地は勿論、シルエットも美しいです。
th

th

th

th

そんなTARO HORIUCHIはグラフィックにも力を注いでおり、海外のアーティストなどともコラボしています。

なんと堀内さん、2017SSから無印良品のムジラボ(MUJILABO)ディレクターに就任をしました。
今後、無印価格で堀内さんのデザインした服が着れるわけです。
TARO HORIUCHIに挑戦したことが無い方はまずここから取り入れてみても良いかも知れません。

いかがでしたか?

4つのブランドをご紹介して参りましたがいかがでしたか?
どのブランドもあまりホイホイと買える価格帯ではないですがハイブランドよりは比較的買いやすいです!お洋服のクオリティは間違いありません。
一枚でも持っているだけで気持ちが豊かになると思いますよ。

この春は少しだけ背伸びをして、良いお洋服を買ってみませんか?♡
2017年2月7日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017春夏バッグ】今年も気になる”FURLA"の新作バッグ、やっぱり人気のコレクション♡

デイリー使いにも大人気、手に取りやすい価格も魅力的なブランド”FRULA"♡鮮やかなカラーやキュートなデザインも魅力的な春夏におすすすめのバッグをご紹介しちゃいます♪♪

フリルショルダートップスの新作をご紹介!イマドキシルエットをGET♡

2017年トレンドのフリルを、よりトレンディに取り入れたいならフリルショルダーがおすすめ◎肩にフリルが施されているデザインは、甘くなりがちなフリルをそっとお上品に、少し大人の女性らしい遊び心として姿を変える魅力を持っているから、オトナ女子も気軽に取り入れられます。そんなフリルショルダーの新作を集めました♡

【ファッション】ハイセンスなオトナ女子はピンクをグレーと合わせるのがルール♡

甘く女性らしいピンクは昨年から引き続きトレンドカラー。オトナ女子はピンクにどうしても抵抗があるけど、グレーと合わせる着こなしは試したことがありますか?ブラックでもなく、ホワイトでもないグレーは暗くなりすぎず、明るくなりすぎず、絶妙なバランスでピンクを美しく仕上げてくれるのです♡

フルーツがあしらわれたトロピカルでカジュアルなファッションが気分♡

春夏になるとよく見られるようになるフルーツがあしらわれたファッションアイテム。2017年は、例年に増して多く見られることが予想されています。特に、今年のフルーツデザインはカジュアルさがポイント。今までとは一味違う2017年のフルーツデザインをいち早くチェックしてみましょう◎

《2017年最新バッグ♡》”バンブー&リングハンドルバッグ”に注目♡

数々のトレンドバッグを生み出すGUCCIからも登場している”バンブーハンドル”バッグ♡今年の注目バッグは、バンブーやリングなど、デザインハンドルが人気なんです♡今日はそんなおしゃれなハンドルが可愛い2017年春夏マストバイなバッグをご紹介しちゃいます♪♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kanakotty kanakotty