2017年の夏コーデに使える!ファッションによってバッグも使い分けたいおしゃれ女子のためのバッグをセレクト♡

季節が変わるごとに洋服が欲しくなるように、バッグだってファッション合わせてゲットしたい。そんなおしゃれ女子必見!今シーズンのトレンドバッグをピックアップしました。かごバッグに、ショルダーバッグ。コーデに合わせてバッグ選んでみませんか?

巾着バッグ

 (326619)

巾着タイプの涼しげなバッグにカットソーとパンツのラフスタイルで、休日スタイル。シンプルなデザインのファッションのポイントになるショルダーのデザインで、バッグが目を引きます。
小さめな巾着バッグで、身軽でこなれた雰囲気を演出しましょう♪

キンチャクバッグ

ボヘミアンの雰囲気の素材感と幾何学柄がコーディネートのポイントになります。フリンジのリボンなら、ラブリーになりすぎないので、大人カジュアルなコーディネートにもオススメ。
ハンドメイドだから定年な作りで、細かいところまで綺麗に仕上がっているから、大切に扱いたくなるバッグです。

ワンピース×かごバッグ

かご

かご

夏の王道コーディネート、ワンピースにカゴバックスタイルでガーリーファッションを楽しむ♡
クールで爽やかなマニッシュスタイルもいいけど、やっぱり夏ならではの定番スタイルもはずせませんよね♪
今年の夏も爽やかなホワイトワンピースにカゴバックでデートに出発!

ベルト付かごバック

「afternoon tea」のかごバックは甘すぎず、シンプルすぎず、絶妙なバランスで、オールマイティに使い回しやすいデザイン♪
ガーリーなワンピースに合わせると、テイストを変えることなく、フィットします。取っ手もしっかりしたフェイクレザーなので、持ちやすく、普段使いにもオススメです。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグ

ショルダーバッグ

今年のトレンド、ブルーのショルダーバッグがポイントになるコーディネート♡
オールブラックのファッションにブルーのショルダーが映える!大人のカジュアルスタイルにはやっぱりブルーを見逃せない。緩めのワンピースにショルダーをかけて、ショッピングに出かけませんか?

ショルダーバッグ

牛革の上品な青が鮮やかで夏のおしゃれのポイントになります♡イタリアで出来た繊細でファッション性の高いバッグで、カジュアルなスタイリングにも、マニッシュなスタイリングにも合わせやすいデザインです。
ショートとロング、どちらにもなる2wayショルダーなので、ファッションに合わせてチェンジ出来ます。

まとめ

まとめ

まとめ

バッグが違うとファッションも変わる♡
今年も流行中のショルダーバッグ?それとも、今シーズンに使いたいかごバッグ?
ファッションに合わせてバッグもチェンジして、もっとおしゃれにもっとトータルコーディネートを完璧に作ってみてはいかがでしょうか。
2017年5月17日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年夏、大人ポップなショルダーバッグが熱い!コーディネートの主役になるショルダーバッグ6選♡

2017年夏は例年に増してショルダーバッグが主流に。特にコーディネートの邪魔にならないミニサイズのショルダーバッグが人気を集めています。コーディネートがシンプルになる夏こそ、ミニショルダーがトレンドの今こそ、ちょっぴり存在感のある遊び心感じられるショルダーバッグを持ちませんか?♡

2017年夏トレンド!少しだけさり気なくコーディネートを個性的に仕上げてくれるサークルバッグ♡

シンプルなコーディネートが増える夏は小物を主役にしやすい季節。特に他の季節よりもデザイン性が引き立つ夏のバッグは、ちょっぴりこだわりと個性をプラスすることでさり気なくコーディネートのランクアップだって狙えます。2017年夏はまん丸なサークルバッグでトレンディな夏コーデにトライしてみませんか?♡

2017年夏はネットバッグがトレンディ◎周りと差が付くネットバッグのアレンジテクニック特集♡

今までになかったデザインのバッグがトレンドとして多くみられる2017年夏。夏らしいナチュラルなスタイリングを楽しませてくれるネットバッグもぜひ抑えておきたいトレンドアイテム。くたっとしたシルエットにおしゃれな抜け感を感じられるネットバッグを、より使いやすくするアレンジテクニックをご紹介します◎

ハイブランドのホワイトバッグを参考に!2017年夏、失敗しないホワイトバッグの選び方♡

コーディネートがシンプルになる夏は小物一つ一つも気が抜けない!夏らしいホワイトのバッグは、爽やかだけどどうもコーディネートから浮いてしまいそうで取り入れるのが難しそうなイメージ。そんなホワイトバッグは、ハイブランドのホワイトバッグを参考に、2017年夏失敗しないホワイトバッグデザインを学びましょう♡

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ay ay