【2016年 秋】オトナ女子の足元ルールは、ぺたんこ靴で楽々お洒落に♪

2016年秋の足元は、ぺたんこ靴で楽々なのに女性らしく見えること◎ファーシューズなども流行の予感ですが、普段使いできるぺたんこ靴も、この秋の必須アイテム!大人っぽく落ち着いた印象に見えるぺたんこ靴を、是非チェックしてみて♡

ポンテッドトゥパンプス

ポンテッドトゥパンプス

ポンテッドトゥパンプス

ポンテッドトゥパンプスは、先の尖った形で、フラットシューズながら、足元を女性らしく見せてくれます。まさに王道!尖った部分があるので、足長効果も期待。ヒールがないので、足長効果は重要ポイント!
シャープなラインのボトムスが相性◎

#パンプス #パンプスコーデ #白コーデ #ぺたんこパンプス #ポインテッド

A photo posted by レディース靴通販shopkilakila本店 (@shoes_kilakila) on

ポンテッド スタイル

気をつけて欲しいのが、シューズの際からソックスが見えてしまうこと!ソックスが見えているだけで、カジュアルで日常的な雰囲気になってします。そして、足長効果も半減。。
甲浅ソックスできちんとした足元にしましょう♪

バレエシューズ

バレエシューズ

バレエシューズ

フェミニン好きにはたまらないバレエシューズ。女性らしさを気軽に取り入れることができます。
フレアスカートに相性◎無地の方がよく合います。柄が多いと相性イマイチ。

つま先にビビットなポイントがあるとさらに、可愛い♡カラー自体が黒のバレエシューズは、ルームシューズのように見えるので、なるべく明るい色がおすすめです。

おじ靴

おじ靴

おじ靴

カジュアルなファッション好きに支持されて、一躍人気シューズに♡
疲れにくいエナメル素材のものが多いので、一日中歩き回る時にも安心。

ソックスとの相性も良いので、お洒落上級者にも人気です。レースアップのソックスと合わせて、抜け感と、かちっとエナメルでバランスの良い相性です。
パンツと合わせる時に注意したいのが、パンツの長さ。
丈の長いボトムスで全く肌が見えないと、リアルおじさんの足元に…。
足首の肌見せは絶対です!

5センチ前後肌見せをして、足元が重くなりすぎないように、おじ靴を投入してみましょう!

まとめ

ストッキング

ストッキング

おじ靴以外でソックスを履かない場合、ナチュラルカラーのストッキングで美足を演出しましょう♡
ストッキングがあるのとないのとだと、清潔感も違いますし、エレガントな雰囲気も生まれます。

無理して靴下を履くと、足の甲が見えず、肌色を隠すことになるのでせっかくの足長効果もなくなってしまいます。
ぺたんこ靴

ぺたんこ靴

オフィスにでも、休日にでも履ける、ぺたんこ靴。
ヒールとは違い、足元が軽く感じられ、抜け感が出ます。トップスが重めだったり、小物が多い時にはぺたんこ靴で引き算するとバランスの良いスタイルの完成♡

きちんと見えるけど、女性らしさもなくならないぺたんこ靴で大人の秋のファッションを楽しみましょう♡
2016年10月16日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【UGG】 カラフルで履き心地goodな”スエードモカシン”登場♪

【UGG】から2017春夏コレクションの第1弾として、発表された新作モカシン「Milana」。肌触りの良いスエードを使用したモカシンは近日発売☆春に使える、カラフルなカラー展開です。その魅力や販売中のレザーモカシンも併せてご紹介します👉

すぽっと被るだけでとびきり可愛い♡トレンドの【スヌード】で簡単可愛く、あったかい♪

寒い季節、首元の防寒は大事!でも、マフラーの巻き方って…難しいと思ったことがある方は多いのではないでしょうか?今回はそんな悩みを解消して、「簡単可愛く、あったかい」を手に入れることができるトレンドのスヌードをご紹介します。

<<ふぉーちゅんガール>>#アウター選びのコツ

「ふぉーちゅんガール」nanaさん第2回目のブログは、アウターの選び方について!丈感や着こなしについて、タメになる情報を発信してくれています♡

思わず男性がドキっとしてしまう、大注目の「赤」メイク♡

季節の変わり目にはメイクを変化させて、いつも違う自分で男性をドキッとさせたいですよね。そんなあなたは今すぐメイクに「赤」を取り入れてみましょう♡

フリルショルダートップスの新作をご紹介!イマドキシルエットをGET♡

2017年トレンドのフリルを、よりトレンディに取り入れたいならフリルショルダーがおすすめ◎肩にフリルが施されているデザインは、甘くなりがちなフリルをそっとお上品に、少し大人の女性らしい遊び心として姿を変える魅力を持っているから、オトナ女子も気軽に取り入れられます。そんなフリルショルダーの新作を集めました♡

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Megumi Megumi