〈お洒落に手を抜きたくない女子必見〉結婚式のお呼ばれスタイルマニュアル!

最近は結婚式や二次会にもしっかりお洒落をしてくる女子が増えてきましたよね。ただ、招待された側なので主役の2人に失礼があってはいけません。これを見てルールを守っておもいっきり着飾りましょう。

ウェディング

ウェディング

以前に比べると結婚式でのドレススタイルも様々な方が増えてきました。
同じようなワンピースばかりのころに比べると、華やかさも増しお洒落度も上がっていますが何でもいい訳ではありませんし、カジュアルと正装の違いは付けておきましょう。

結婚式にはNGコーデ!

①全身白ワンピ
主役の花嫁ドレスの邪魔になるような白ワンピは絶対NGです。部分的に白だったり、ベージュ系の色ならオッケーですが、靴やショールは黒や紺などのトーンの暗めのものを選びましょう。
NG

NG

②肌見せ(肩だし・ミニ丈スカート)
最近はオフショルやチューブトップデザインの服が多く肩だしスタイルも多く見られます。ただ、こちらも一般的なマナーとしてはNGなのでせめて羽織物は用意しておきましょう。
(カジュアルパーティーや夜の式は肩だしルールが軽減されます。)

また、膝上スカートなども肌の露出が多くなるのでストッキング着用は必須。生足は避けましょう。黒タイツを履きたい際はデニールの低いものや柄になっているものを選びましょう。
NG

NG

③つまさき・かかとは見せない靴選び
オープントゥのようなつまさきの出るデザインや、かかとの出るサンダルはNGです。もちろん、冬場はブーツもいけません。ヒールの高すぎないパンプスを選ぶことがお勧めです。
NGサンダル

NGサンダル

正装とカジュアルスタイルの差

正装とは冠婚葬祭時やパーティなど、その場に対する敬意を払った装いを意味します。
最近ではカジュアルなワンピースなどもよく見られたり、普段使いも出来るといった売り文句もよく耳にします。分かりやすく言うと「結婚式に着たコーデを別の日のランチにも着ていく」となると正装とは言えないと思われます。
結婚式で着たセットアップのトップスをオフの日にデニムと合わせたというのなら、普段使いも出来るという訳です。
SETUP2

SETUP2

お洋服の素材も、綿100%のカットソーのようないつも着ている肌触りではなく光沢のある素材や、シフォン、レースというものを選ぶだけで特別感が出ます。また、組み合わせるジャケットやショール、ボレロを高級感のあるものにするだけでも印象は変わります。

春に着たいカラーワンピース

黒っぽいワンピやジャンプスーツを持っていると着回しも効き便利なのですが、結婚式に出席してみると周りも黒ばっかりで花嫁さんがかわいそうになった事はありませんか?
カラードレスで出席すると、会場が華やかになり親族の方々にも喜ばれますよ。
華やかなワンピースも着る機会が少なく、着たいけどもったいないかも・・・と思われる方も多いはずです。最近では、お手頃な価格でワンピースが手に入るので挑戦するチャンスです。
また、海外ブランドを取り扱う通販ではサイズ感も不安ですが細かいサイズ表示や購入者からのコメントまでチェックしてもらえると安心です。
2017年3月19日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【結婚式】一枚で決まる♡この時期ぴったりのプチプラ【レースワンピース】を大特集♡

結婚式コーデは、ワンピースにボレロが定番ですよね。しかし最近では、一枚で決まるレースワンピースが大人気♡プチプラで素敵なアイテムがたくさん揃っていますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

6月は結婚式シーズン♡お呼ばれドレスをオシャレに着こなそう♪

6月と言えばジューンブライド♡やっぱり結婚式を挙げるカップルが多いんです。 結婚式や二次会などのお呼ばれシーンに着ていきたいオシャレなドレスを紹介していきたいと思います♡

結婚式シーズン到来!お呼ばれドレスを1万円以内でゲット♡

5月から6月にかけて結婚式シーズンが到来。いつも違うドレスで、小物で、ご祝儀を包んで…って予算オーバー!!そんな時はドレスが1万円以下でゲットして、おしゃれなお呼ばれスタイルに変身しましょう♡
ay

結婚式ってどんな服装がいいか迷っちゃう!ワンピース&オールインワン 7選

結婚式の格好は毎回悩んでしまいますよね?そんな時にオススメのドレスとコーディネートをご紹介いたします!皆よりオシャレになりたい人や、迷った時に参考にしてみてくださいね。

しらないと恥ずかしい?!お呼ばれコーデの常識をおさらいしましょう♡

結婚式などのおよばれのシーンって、マナーを知らないと恥ずかしい思いをすることがありますよね。今さら聞けないお呼ばれコーデの常識をおさらいして、マナーをきっちり守れる大人女子になりましょう♪

この記事のキーワード

この記事のライター

PAI PAI