~『ロクシタン』の格上げオイル~たったひと手間で肌の輝きが見違えるほどです!! 

洗顔後にひと手間かけるだけで見違える美肌へ♡ オイルじゃないみたいに軽い『ロクシタン』のオイルは使い心地抜群です!洗顔後の新習慣にしてみませんか?

あなたのなりたい肌はどんな肌ですか

なりたい肌

なりたい肌

美しさの定義も憧れの女性像も時代の気分で変わるものですよね。
それは、時代とともにあらゆるものが進化していく中で当たり前のことで結果的に美しさが格上げされつつあります。
現在、美しい女性像の基本はやはり『肌』なのではないでしょうか。
具体的には肌にツヤがあるか、ハリがあるか、みずみずしく健康的であるかなどです。しかし、そのような美しい肌を手に入れるには毎日の『ひと手間』の積み重ねが必要不可欠なのです。
現代の女性はとても忙しい環境にいる方も多いですが、どんなに忙しくてもひと手間を惜しまないことが大事です。決して大げさなことではなく、例えば洗顔後のプレオイルのようにとても手軽で簡単なことを取り入れてみてください♡

スキンケアを格上げする一滴

ロクシタン

ロクシタン

ロクシタン 2

ロクシタン 2

【ロクシタン ディヴァイン インテンシヴオイル 30㎖ ¥12,000】
肌が思い通りにならなかったり、もっと上質な肌になるんじゃないか・・と思ったことはありませんか。女性の肌は一筋縄ではいかないものですよね。ターンオ-バ-の乱れやダメ-ジの蓄積、季節の変わり目などによる肌の変化など、年代関係なく肌悩みは尽きません。
そんな肌でも上向きのベクトルへと変えてくれるのが【ディヴァイン インテンシヴオイル】です。ロクシタンのこだわりと経験から生まれたこのオイルは、とっても優秀!!
手に取ると、「本当にオイル??」と思ってしまうほどさらさらのテクスチャ-なのです。肌にのせると肌が吸い込んでくれるかのように浸透してくれますよ!!

さっそく取り入れてみて

取り入れて

取り入れて

洗顔後はまず【ロクシタン ディヴァイン インテンシヴオイル】を肌全体に浸透させます。
そこからは、いつも通りのスキンケアでOK!!
その後に使う化粧水や美容液のそれぞれのステップが格上げされる感覚に♡
このオイルのひと手間が日中の化粧持ちも左右するほど大切なのです。癒されるようないい香りも魅力ですので、朝も夜もバタバタな方も是非この優秀なオイルを取り入れてみませんか?
蒸しタオル

蒸しタオル

【ロクシタン ディヴァイン インテンシヴオイル】をお風呂の中で塗ってから蒸しタオルをするとモチモチのプルプルお肌になるのでオススメですよ♡

おわりに

おわりに

おわりに

肌のハリやツヤ、弾力、潤い、滑らかさ、引き締め、明るさというロクシタンが目指す7つの要素が集結したこのプレオイル。
肌の基礎となる土台を整えてくれて生き生きとした肌へと導いてくれます。
オイルというイメ-ジとは異なりべたつきが感じられず、首やデコルテにもよく伸びるので軽くマッサ-ジしながらも使えます!
季節問わず使える優秀オイルにきっとあなたも手放せなくなるはずです♡
2017年2月27日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

角質オフで美肌も化粧ノリも手に入れて♡ピーリングジェルで角質ケアしましょ!

お肌の角質ケアってしていますか?? 角質ケアには、週1~2回のピーリングジェルでのお手入れがおすすめ♡ 角質がスッキリすると、化粧水もぐんぐん入っていって美肌に近付きますよ♪ 今回は、角質ケアにおすすめのピーリングジェルをご紹介致します。 いつものスキンケアに取り入れてみてくださいね!

資生堂「エリクシール ルフレ」誕生!吉岡里帆さん新CM発表会をふぉーちゅんが取材!

資生堂の人気スキンケアシリーズ「エリクシール」から、新ブランド「エリクシール ルフレ」が7/21誕生!新CMには女優の吉岡里帆さんが登場。お披露目会では泡洗顔バランシングバブルを使った「泡チューポーズ」も披露してくれました!

【7/12】ロクシタンからシャーベットみたいな新作が数量限定で登場です♡

世界的に大人気のスキンケアブランド・ロクシタンから7月12日に登場したのは、今の季節にぴったりのシャーベットみたいな新作ですよ♡

資生堂が若者層に向けて作る本気のブランド「WASO」が10月1日に登場します♡

日本国内だけでなく、もはや全世界で大人気となっている日本を代表するコスメブランド資生堂から、若者層をターゲットにしたスキンケアブランド「WASO」が登場することになりましたよ♡

【スキンケア編】2017年上半期でヒットしたマストバイのコスメを発表します♡

2017年上半期も続々登場したスキンケアアイテムの中でも、特に口コミが高く人気のマストバイアイテムを紹介していきます♡

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Ya-na Ya-na