今旬の【ヘアバトン】を使ったおすすめ【ヘアアレンジ】5選を紹介♡

今注目されいるヘアバトン♡いつものヘアアレンジに、ヘアバトンを取り入れることにより、一気に旬なオシャレヘアが完成しますので、ぜひここで紹介するヘアアレンジを参考に取り入れてみて下さい♡

今注目のヘアバトン♡

今注目されているヘアバトンをご存じでしょうか?ヘアバトンは、両端に飾りがついているヘアアクセサリー。まるで本当のバトンのような形で、誰でも簡単に取り入れることができるヘアアクセサリーです♡

デザインはシンプルなものから、華やかなものまで盛りだくさん♡両端違うオシャレなデザインのものまでいろいろ揃っています。

ヘアバトンを取り入れるだけで、いつものヘアが一気に旬のオシャレヘアになるので、ぜひお気に入りのヘアバトンを見つけて上手に取り入れてみて下さい♡

おすすめヘアアレンジを紹介♡

最初に紹介するのは、1つ結び♡ヘアバトンがさりげないアクセントになり、とてもオシャレなヘアアレンジです。シンプルな1つ結びでも良いですが、くるりんぱのハーフアップをしてから結んだり、1つ結びのゴムを隠すように髪を巻きつけたりすると、さらに凝ったヘアアレンジに♡

そこにヘアバトンを取り入れることで、一気に旬のオシャレヘアが完成します。
ヘアバトンは、クロスして付けてもキュート♡編み込みのまとめ髪ヘアアレジの後ろに、ヘアバトンを付けることで後姿がオシャレに見えます。ヘアバトンのデザインによって、大人っぽくも可愛らしくもなれるので、いろいろなヘアバトンを持っておくとヘアアレンジの幅がグッと広がります。
ヘアバトンは、ヘアゴムを一緒に使ってもオシャレ♡ちょっとヘアゴムだけじゃ物足りない!という時に便利で、簡単に華やかさをプラスすることができます。かんざしのようにお好みの場所にさしてとめるだけなので、誰にでも簡単に取り入れることができるところが◎

ヘアゴムと雰囲気を合わせれば、統一感も出てオシャレ感がアップします♡
まだまだ流行っているマジェステとも相性抜群♡マジェステと一緒にヘアバトンを使うと、簡単なのにとても凝ったヘアアレンジが完成するのでおすすめです♡付け方としては、マジェステを付けた後に、斜めにヘアバトンを付けると◎しっかり固定されますし、こなれた感が一気に出ます。
最後に紹介するのは、ヘアバトンのちょっと上級者ヘアアレンジ♡三つ編みをした後に、ところどころにヘアバトンを入れるヘアアレンジです。ヘアバトンは華奢なので、どんなところにも取り入れやすいところが使いやすいヘアアクセサリー♡

今までのピンですと、取れちゃうかも、、、と心配していた方も、ヘアバトンですとしっかりとした安定感もあるのでおすすめです。ヘアバトンをさす方向によっても雰囲気が大きく変わるので、ぜひ全体のバランスを見ながら、上手に取り入れてみて下さい。

ヘアバトンを取り入れてみよう♡

ヘアバトン お団子

ヘアバトン お団子

紹介したヘアバトンのヘアアレンジは、いかがだったでしょうか?ヘアバトンは、とても安定感があり髪にボリュームのある方でも、とまりやすい使いやすいヘアアクセサリーです。

一見難しそうと思う方もいるかもしれませんが、使ってみると本当に簡単なので、ぜひこれを機会にヘアバトンに挑戦してみて下さいね♡
2017年9月12日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今人気の【サンカククリップ】を使った♡おすすめヘアアレンジを紹介!

今流行のサンカクリップをご存じでしょうか?いつものヘアレンジに、1つプラスするだけでこなれたオシャレヘアを作ることができる優れたアイテムです♡まだ知らない!と言う方は、ぜひ一緒にチェックしてみて下さい。

美容師さん直伝!MIX巻き×編み込み×くるりんぱでつくるミディアムアレンジ!

これからの梅雨の季節、髪が広がってまとまらない、せっかくのお出かけなのにヘアスタイルが決まらない、なんて経験はありませんか?そんな方にオススメなヘアアレンジを美容師さんに教えていただきました!

【ヘアアレンジ】ブレイドヘアって何?海外で人気のブレイドヘアスタイル!

海外セレブやオシャレモデルにも人気のヘアスタイル、ブレイドヘアとは、[三つ編み・編み込み]ヘアのことです。 一見複雑で難しそうに見えますが、慣れれば簡単に出来るヘアアレンジです。 湿気で髪の毛が言うことを聞かない日や髪の毛がうねる日、オシャレなお出掛けヘアにまで活用出来ちゃう優秀アレンジスタイルです!

伸ばしかけヘアも可愛くアレンジ♡『ボブ』でも出来る簡単スタイル

可愛いヘアアレンジは、ミディアム~ロングの長さでないとできないと思っていませんか?『ボブ』でもオシャレ感たっぷりのヘアアレンジができるんです♪おくれ毛でこなれ感を演出して、今っぽく仕上げてみましょう。今回はボブヘアにピッタリな簡単アレンジをご紹介します。
YU-

この記事のキーワード

この記事のライター

YUKO YUKO