いつだって可愛いはつくれる♡梅雨にも負けないヘアアレンジ6選

今年も多くの女子を悩ませる梅雨がやってきました。雨や湿気で髪がまとまらなくて困る…そんな悩みはヘアアレンジで解消しましょう。今回は、梅雨時季でもスッキリとまとまる簡単なアレンジをプロの解説つきでご紹介します。

 (397404)

梅雨だと髪がまとまらなくて困る…

6月に入り憂鬱な梅雨がやってきましたね。雨や湿気が多い時季は、ダウンスタイルだと髪が膨張したりまとわりついたり…そんな悩みはありませんか?
でも、いつだって可愛い私でいたい♡というのが乙女心。そんな時こそまとめ髪が本領発揮します。
 (397194)

そこで今回は、梅雨時季でもスッキリとまとまる簡単なアレンジをご紹介します。全てプロの解説つきなので是非チェックしてみて下さいね。

梅雨にも負けない!ヘアアレンジ6選

①ツインお団子✕ターバン

 (397204)

上下2つのお団子を合わせてつくるアレンジです。1つでつくるお団子より固定感があり、ターバン代わりのスカーフも顔周りがスッキリするのでオススメですよ。

②スカーフwith三つ編み

 (397229)

スカーフと一緒に三つ編みにしてつくるお団子です。スカーフが髪をホールドしてくれるので崩れにくく、スカーフのカラーは髪と同一トーンにするとこなれ感が出せます。

③襟足スッキリお団子

 (397240)

輪結びにしたお団子に襟足の三つ編みを巻き付けてつくるアレンジです。襟足をを三つ編みにしているので、高め位置のお団子でも髪がたるんでくる心配がありませんね。

④なんちゃってギブソンタック

 (397270)

大人っぽさが漂うギブソンタック風アレンジです。梅雨でも美しいシルエットはそのままに、ギブソンタックが難しくてできないという方もこれなら簡単にできますよ。

⑤ボブさんのハットアレンジ

 (397285)

ボブさん必見!くるりんぱとねじねじでつくるアレンジです。ねじりを入れてサイドをスッキリさせ、ハットを被れば雨や湿気対策にもなるのが嬉しいですね。

⑥ボブさんの簡単エビヘア

 (397294)

ひたすらくるりんぱを重ねてつくるエビヘアです。凝って見えますがとても簡単にできる華やかアレンジなので、梅雨でも気分がアップすること間違いなしです。

梅雨にはスカーフが大活躍します!

アレンジにも出てきたように、スカーフは梅雨時季の救世主でもあるんです。是非1枚は準備しておきましょう。
 (397318)

梅雨以外でもゆっくり過ごすホリデーアレンジとしても最適ですよ。オススメのスカーフをいくつかご紹介します。
夏にピッタリなビタミンカラーのスカーフです。女性らしい花柄なので、明るいカラーに抵抗がある方も取り入れやすいですよ。
柔らかく軽やかな生地が特徴のスカーフです。和装にもマッチするビッグフラワーは、浴衣アレンジでも活躍させてみてはいかがでしょう。
アレンジに使いやすいデザインの光沢のあるスカーフです。バッグにつけたり腕に巻いたり、色々と楽しめるのが嬉しいポイントです。

梅雨でも可愛いはつくれる♡

いかがでしたか?梅雨でもスッキリとまとまる簡単なアレンジはたくさんありましたね。
是非ご紹介したアレンジを参考にして、憂鬱な梅雨時季もオシャレなアレンジで乗り切っちゃいましょう。
 (397179)

2017年6月29日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

男性受けバツグンのヘアアレンジ・ポニーテールで小顔に見せるテクニック☆

夏はヘアアレンジがしたくなる季節ですよね。夏にぴったりでさらに男性受けも抜群のヘアアレンジ・ポニーテールを工夫して、小顔に見せてしまいましょう!

寝坊した日でも大丈夫!ゴム一本でできる夏向け簡単へアアレンジ♡

毎日毎日頑張っているつもりでも、たまには寝坊したりさぼってしまいたくなったりする日もありますよね。そんな日だってゴム一本であれば、簡単にヘアアレンジができてしまうんです!

今っぽい「濡れ感」あるヘアスタイルが簡単に作れるスタイリング剤紹介します♪

最近トレンド入りしている「濡れ感」あるヘアスタイルを作るために、濡れ過ぎず、なおかつ適度に濡れている感じを演出できるヘアスタイリング剤を紹介していきます!

え?そんなもので?!夏のメイク直しに役立つ意外な便利グッズ紹介します♪

暑くて汗をかくせいで、この時期ってメイク崩れが気になりますよね。でもそんな時でももっておけば無敵の便利アイテムを紹介していきます♡

浴衣にもレジャーにも使える夏の簡単へアアレンジのHOW TO紹介します♡

暑くなるとヘアスタイルをアップにしたいシーンが多くなりますよね。自分でもおしゃれで可愛いアレンジを楽しみたいというあなたのために、ヘアアレンジのやり方を紹介していきます♪

この記事のキーワード

この記事のライター

朝霧ゆう 朝霧ゆう