夏の化粧崩れ、テカリ、べたつきを防ぎたい!ミストでスッキリ化粧直し!

毎年悩まされる夏の化粧崩れ…化粧の仕上げにも化粧直しにも使えるオススメミストを紹介します!!

夏の化粧崩れどうにかしたい…

化粧崩れ

化粧崩れ

もうすぐイベントの多い夏がやってきますね!
しかし、夏は湿気も多く、汗もいっぱいかくので身だしなみが上手くいかないこと多いですよね…
朝せっかく綺麗に整えても、汗や湿気のせいで化粧崩れ、テカリ、べたつきに悩まされる方も多いのではないでしょうか?

夏の化粧崩れの主な原因

汗をかくと化粧崩れをしてしまうのももちろんですが、乾燥も大きな原因の一つです。
”乾燥”って冬のイメージが強いですが、実は夏も肌は乾燥しているんです!
肌は乾燥すると、皮脂を多く分泌しようとするため、テカってきて化粧崩れしてしまいます。

この乾燥は毛穴の開きや、肌荒れ、ニキビなどの原因にもなるので要注意ですね!

化粧直しにミストは最適!

化粧直しには保湿成分配合のミストがオススメ!
水分補給+保湿を同時にできて水分の蒸発を防ぐことができます♪
化粧直し

化粧直し

化粧直しにあぶらとり紙を使うと肌を傷つけてしまい、必要な皮脂まで取りすぎてしまうので、肌が反応して更に皮脂を分泌してしまいます!
あぶらとり紙をミストに変えれば、肌を傷つけずに化粧直しをすることができます!
また、化粧水が微粒子なので、毛穴に浸透しやすいんです!

ただし、保湿成分の入ったものでないと、肌の水分が蒸発してしまうので要注意です!
化粧直しにも使えますが、化粧の仕上げにシュッと一吹きするだけで化粧崩れを防いでくれます!
化粧が崩れやすい方は是非化粧の仕上げに使用してみてください!

顔だけじゃないミストの活用法

ミスト

ミスト

顔へ使用するイメージが強いミストですが、顔以外に体全体に使うことができます。
例えば届きにくい背中はスプレーなので簡単にケアすることができますよ♪
また、スプレーなので均等に背中に化粧水を届けることができます。
背中が気になる夏にピッタリですね!

オススメ化粧水ミスト

様々なメーカーからミストが発売されていて迷ってしまいますよね…
そこで、口コミでも高評価のミストを紹介したいと思います!
ミストは粉っぽさをなくして上品なツヤ肌を演出してくれます!
周りの人にお肌を褒められること間違いなしですね♪

自分だけのオリジナルミストを作ることも…!!

自分好みの化粧水に好きなオイルやビタミン誘導体の美容オイルなどを組み合わせても◎!
自分の肌に合ったオリジナルミストを作ることもできますよ♪
ボトルに入れて持ち歩いたりすることもできますね!

おわりに

いかがでしたか?
夏だけでなく、一年中使えるミスト!
季節ごとに合ったミストを使ってみるのもいいですよね♪
今年こそ化粧崩れ知らずの夏を過ごしたいですね!
2017年5月15日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

化粧直し用に【メルヴィータのローズウォーター】スプレータイプが便利!

化粧直し用に化粧水は持ち歩いていますか?化粧直し前にひと吹きするだけでも化粧ノリが良くなります。でも持ち運びできるサイズのものってなかなかありませんよね。でもそんな時に、【メルヴィータ】のローズウォーターがオススメなんです!

【suisai(スイサイ)】限定!ディズニーコラボ洗顔パウダー&ひんやりキモチイイ化粧水が新登場♡編集部も早速お試しレポ!

カネボウの人気スキンケアライン【suisai】(スイサイ)。 中でも人気の酵素洗顔パウダーは、なんとディズニーツムツムの可愛すぎる限定パッケージで登場します。 そして、これからの季節にピッタリのひんやりキモチイイ化粧水も新登場! この夏は、suisaiでつるつるすべすべのすっぴん美肌を目指そう♡

【スキンケア】夏でも乾燥する!?紫外線だけじゃない、正しい夏のお肌のいたわり方。

夏と言えば紫外線対策に気を使いがちですが乾燥にも実は気を付けなければいけません。 汗をかいたりと体の水分を放出する機会も多いので化粧水にも気を使っていただきたいところですね。

化粧崩れってなぜ起きるの?プチプラでできる化粧崩れ防止対策

気温が高い時期になると、化粧崩れに悩まされる人は多いですよね。そもそも、化粧崩れはなぜ起きてしまうのでしょうか。その理由と、プチプラでできる対策法についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

仕事終わり、人と会う前、メイク直しどうしてる?正しいメイク直しの方法を教えます♡

毎日、メイクをしている人も多いでしょう。朝のメイクは、夕方まで維持することは出来ませんから、休憩時間のたびにメイク直しをしている人も多いのではないでしょうか。そんな人の中には、「メイク直しをすると、どんどん厚化粧になってしまう」「メイク直しをすると、ファンデーションがよれてしまう」と感じている人も多いのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

men men