崩れないメイク方法「カモメイク」!ポイントは部分使い♡

「カモメイク」化粧崩れが起きない!として話題になったメイク方法です♡ ポイントは、化粧下地の部分使いです♡ ある個所を丁寧に塗りこむことで化粧崩れが劇的に変化するようです!

化粧崩れ

化粧崩れ

化粧崩れは絶対に避けたいものですよね?
10代の学生なら、「まぁ、仕方ないわよね・・・。」
で済まされても大人女子は断固阻止!
肌が汚く見えるばかりか、メイクもロクにできないのかよ・・・。
と呆れられる可能性大です!
そんな時は、是非「化粧下地」に着目してみて♡
化粧下地の塗り方ひとつで、化粧崩れ知らずの完璧フェイスを手に入れちゃいましょう♡

それでは、カモメイクのメイク方法をご紹介します♡

ポイントは部分使いです!

日焼け止め

日焼け止め

洗顔をし、スキンケアをした後、顔全体に日焼け止めを塗りましょう!
紫外線はお肌の大敵!日焼け止めは欠かせませんね。

BBクリームをカモメゾーンに部分使い♡

カモメゾーンは、この部分の事です。
Wゾーンともいいますね。
ここを重点的にメイクすることで化粧崩れが起きにくいようです!
カモメゾーン

カモメゾーン

お顔全体にパウダーファンデーションを塗りこみます。
これで完成です。
このカモメゾーンがしっかりとメイクできていれば、アラ不思議きちんとメイクしているように見えるのです!
このカモメゾーンは、見えないシミや細かいシミ多発ゾーン・・・。
しっかりとメイクしケアする事が大事です!!!

カモメイクに必要なメイクアイテムたち♡

カモメイクに必要なのは
日焼け止め
BBクリーム
パウダーファンデ―ションでしたね?
アットコスメでもランク入りを果たした人気商品。
シャネル「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」

シャネル「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」

プードゥル ユニヴェルセル リーブル

プードゥル ユニヴェルセル リーブル

透明感のあるお肌に仕上げてくれるルースパウダーです。
肌の色むらをなくすだけでなく、ナチュラルで透明感のあるセミマットな肌が実現します。
シミやソバカス、シワを目立たたなくする効果も期待できます。

ディオール ディオールスキン ヌード エアー グロウ コンパクト

ディオールスキン ヌード エアー グロウ コンパクト

ディオールスキン ヌード エアー グロウ コンパクト

肌に健康的な光沢を与えるパウダーコンパクトです。
光を集めた処方が肌の上をすべらせる度に肌の輝きが高まります。
軽やかなテクスチャーが肌を健やかなに保ちます。
お化粧直しには最適!という口コミがありました。
もちろんメイクとしても使えて便利ですね♡
何と言っても見た目がかわいすぎます!
それにアジア限定!という点も惹かれます!!!

最後に

化粧ノリ

化粧ノリ

今回は化粧崩れ知らずの「カモメイク」をお伝えしました。
忙しい朝でも、さっと手軽に取り入れられるメイク方法でしたね。
2016年10月31日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

素肌感を大事にしたい♡【すっぴん風】メイクを作る化粧下地とは?♡

メイクの中で、ベースメイクは印象を決める大事なポイントです。そこで、今回は素肌からキレイ見える、ナチュラルメイクにぴったりな化粧下地を紹介します。ぜひ参考にして、すっぴん風メイクを完成させて下さい♡

【メイク】え、意外!男性向けのニベアメンが化粧下地として優秀すぎる!【プチプラ】

まさかの男性用ニベアメンのローションが化粧下地としてとっても優秀で化粧持ちも良く崩れにくいと言う声が殺到しているんです。今や世界中の女子がニベアメンに注目しているんです!

忙しい朝でもしっかり紫外線対策!UVカット効果のあるコスメを集めました

お肌の美容と健康を守るためには紫外線対策をしなければならないというのは今や常識になりつつありますよね。しかし、紫外線対策は正直面倒なもの。朝の忙しいときにはついつい怠ってしまうこともあるかもしれません。そんな人のために、忙しくても使いやすい紫外線対策アイテムを集めました。

【2017春夏コスメ】化粧下地としても使える優秀《日焼け止め》5選!

春はだんだん日差しが強くなります。化粧下地としても使える優秀な日焼け止めをご紹介します!自分の肌質やメイクに合わせて理想の日焼け止めを選びましょう!春からしっかり紫外線対策をするのが美肌への1歩!ぜひ参考にして焼かない肌を目指しましょう!

【2017夏コスメ】NARSから夏のベースメイク『3つのプライマー』(化粧下地)が新登場。4/21発売。

NARSから女性に嬉しい美肌を作る3種類のプライマーが新登場!化粧下地は3種類あるので自分の肌に合わせて使ってみてくださいね。美肌とバッチリメイクを同時に手に入れちゃおう♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

zabi zabi