意外と見られている【歯】!!~最新ホワイトニングケア事情~

白い歯って、老若男女問わず憧れですよね!! おしゃれ女子の笑顔にも白い歯は必須! 歯磨きは毎日誰もが行う行為ですが、少し手間をかけて思わず見せびらかしたくなるような白い歯を目指しましょう!

歯が黄ばむ原因とは?

歯が黄ばむ原因

歯が黄ばむ原因

歯が黄ばむ原因として挙げられることはいくつかあります。

●まず着色が強い飲食をする回数が多い事!!
コーヒー・紅茶・ココア・赤ワイン・カレー・醤油などは特に着色が付きやすいと言われています。
このような飲食をした場合は必ず飲食後1時間以内にうがいを徹底しましょう。
この少しの手間で黄色くなる事を防ぐ事が出来ます。

●次にタバコのヤニなどが原因で歯が黄色くなります。
ヤニの中にあるタンニンという成分が歯に着色をします。
タバコは身体に影響を及ぼすだけではなく歯にとっても良くないことがわかりますね。

●あまり知られていないですが歯を磨きすぎると歯が黄色くなるということがあります。
なぜ歯を磨きすぎると黄色くなるのかと言うと、歯の表面にはエナメル質というものがありこの下に象牙質と言われるものがあるのです。
この象牙質の色は大人になると黄ばんできます。
この象牙質の黄ばみは通常上に被さっているエナメル質により見えない状態なのですが、歯を磨きすぎる事でこのエナメル質を薄くしてしまうのです。
研磨材が入った歯磨き粉をたくさんつける良くないと言われるのはこの為です。

予防策として

予防策

予防策

まず歯をきれいに磨くということは大前提です。
歯・歯茎の着色や汚れは時間をかけて丁寧に磨いても自分では落としきれない汚れがあります。
なので歯科医院での【クリーニング】がオススメです。
歯科医院での歯のクリーニングは、歯の表面にこびりついてし まった汚れや歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を専門の器具や機械で取り除く治療法です。
白い歯を手に入れる為にも定期的に歯科医院でケアしましょう。

市販のホワイトニング用品

市販ホワイトニング

市販ホワイトニング

ホワイトニング効果が期待される市販歯磨き粉をいくつかご紹介します!
●【薬用ポリリンWX-リジェンティス】
●【ブリリアントモアー】
●【センシティブケア】
●【シティースホワイトEX センシティブ】
本来ならば歯科医院に行くことがベストですが、忙しくて行けない!!と言う方も多いと思います。
毎日行う歯磨きであればすぐにでも取り入れることが出来るのではないでしょうか♡

ホワイトニングバーなどの活用!

白い歯

白い歯

近頃よく見かける【ホワイトニングバー】を活用するのもいいかもしれませんね。
金銭的にもお手軽ですしセルフケアのお店も多いので人の目を気にする必要もありません。
仕事帰りやOFFの日でも立ち寄りやすいのもいいですね。
きらりとヒカル白い歯

きらりとヒカル白い歯

白い歯でモテ女に♡

モテ女

モテ女

笑顔に似合うのは黄ばんだ歯ではなく真っ白な歯です!
話す時や笑った時に見える歯が白いと男女問わず好感が持てるものです。

綺麗に着飾っても歯が汚いと台無しです・・・
さぁ、今すぐにでもホワイトニングケアをはじめちゃいましょう。
2016年11月14日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

憧れの白い歯 ホームケアで輝く歯を手に入れる

歯科で行うオフィスホワイトニングは虫歯などの治療とは違い美容目的となるため保険適用されません。昔よりは審美歯科のお値段もお安くなってきているとは思いますが、数十万円という高額な支払いはまだまだ身近とはいえませんね。けれどあきらめないでください。昨今ホームケア専用のホワイトニングでも十分に白い歯を実現できます。自宅でも十分にあこがれの白い歯と、とびきりの笑顔を手に入れるチャンスです。

【簡単!】ヘアアレンジのやり方を教えてくれるインスタグラマーさん紹介します♡

可愛いヘアアレンジを自分でしたいけど、やり方がイマイチわからないってことありますよね。そんなあなたのために誰にでも簡単にできちゃうヘアアレンジ方が学べるインスタグラマーさんを紹介していきます!

ホワイトニングケアは正しい歯磨きの仕方が大切!

芸能人みたいな真っ白な歯に憧れませんか? ホワイトニングを歯医者さんで行うと結構な金額だからって、諦めてしまうのはまだ早いです!家での歯磨きでも真っ白な歯に近づけるんですよ。 今回は、ホワイトニング効果を高める正しい歯磨きの方法と、ドラッグストアでも買えるオススメの歯磨き粉をご紹介したいと思います。

【セルフネイル】え、これも自分で?!簡単に自分でできるネイルデザイン集

ネイルはいつも可愛くしていたい、でもネイルサロンに行くお金も時間もない!そんなあなたに簡単プチプラでできてしまうネイルデザイン紹介していきます♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Ya-na Ya-na