たまにはリッチにヘアケアしよう!一年頑張った髪にもご褒美♡贅沢トリートメント

冬の髪を乾燥から守り、毎日のヘアセットのダメージから守るにはトリートメントは必要不可欠。どんなに念入りにシャンプーしても栄養や水分を与えてあげないと元気な髪をキープすることは出来ません。月に一回でもご褒美トリートメントで髪に潤いを与えましょう!

つや出しトリートメント

ツヤ感

ツヤ感

女の子の髪にはあって当たり前と思っている男性も多いツヤ感。巻いている時以外で、特にストレートヘアの時は実は見られていることもあるので油断大敵です。
ケアしていないと、この時期髪は静電気が起こりやすく、乾燥で広がりがちです。潤いを与えて髪にツヤ感をキープしましょう。
トリートメントを頻繁にしていると寝起きの髪も広がりにくく、さらさらヘアで目覚められますよ。

スチーム

スチーム

スチーム

美容室でのトリートメント、金額によってトリートメントの内容が違いますよね。美容室によって使っているトリートメントも違います。
どれが1番いいかは髪質に合うトリートメントがいいので一概には言えませんよね。
それでもトリートメントの工程で、髪を温めるスチームはオススメです。トリートメントをする時に使うとより浸透しやすくなりますし、美容室の中にはスチームにトリートメントの成分が含まれているところもあるので、行きつけのサロンにスチームがある方は是非体験してみて下さいね。

ヘッドスパ

ヘッドスパ

ヘッドスパ

頭皮に汚れが詰まっていたり、毎日使うスタイリング剤をうまく流しきれていない時は髪質も良くありません。手触りもごわついたり健康な髪が生えなくなってしまいます。
普段のシャンプーの仕方も重要ですが月に1回〜2回くらいヘッドスパに行ってみて下さい。終わった後の髪の触り心地も変わりますし、頭の凝りもなくなるのでスッキリした気分になれますよ。
美容室でも出来ますが、最近は専門店もあり、だいたい5000円前後で受けることが出来ます。

自宅トリートメント

お家パック

お家パック

美容室で購入することが出来るケラスターゼは髪のツヤ感出し、髪に栄養を与えてくれるのでお家のケアで髪質をキープすることが出来ます。美容室にのみ販売されているので行きつけのサロンで尋ねてみて下さいね。サロンのトリートメントに行けなかった月もケラスターゼのケアを忘れなければ髪質をキープできるかも♡
お家トリートメントの中でもお風呂で使う集中パック。
毎日ではなく、3日に一回程度いつもの髪のケアの最後にパックするだけでパサパサ感が落ち着きます。乾燥が気になる時にすぐにサロンに行けない時は一旦パックで応急処置してみましょう!

まとめ

最後に

最後に

冬でもさらつやの髪をキープするのって意外と大変。
サロンに出向いてトリートメントやヘッドスパをしてもらうことで気分もすっきりして美意識も高まりますよね。
仕上がりの手触りはちょっと高めの出費でも出す価値ありです。
2016年12月26日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年ベストコスメ賞を受賞した【ジョンマスターズオーガニック】でツヤ髪に♡

ヘアケア・フェイスケア・ベースメイクと幅広い商品を扱っている、ベストコスメ賞も受賞した「ジョンマスターズオーガニック」。中でも注目はヘアケア商品!2017年9月に新商品のヘアマスクトリートメントが販売されました♪

【ヘアケア】有名人のSNS投稿で人気に!LUXプレミアムボタニフィーク♡

ヘアケブランド売り上げ№1を誇るラックスから、新発売されたシャンプー&トリートメント「ラックス プレミアム ボタニフィーク」。実は、SNSで有名人などが投稿して人気のあるボタニカルヘアケアグッズなんです!

【ジョンマスターオーガニック】華やかなローズが香るブランド初のヘアマスクが登場!

オーガニックにとことんこだわり、髪・頭皮の状態・季節によって組み合わせるヘアケア製品が人気のジョンマスターオーガニックから新製品が登場しました!夏の紫外線によるダメージの蓄積や急激な温度変化によるトラブルなどを補修するヘアトリートメントマスクはオーガニックの強さと心地よさでダメージヘアを美髪に導きます♪

夏のダメージ徹底補修!《口コミで話題》の【ヘアケアグッズ】でさらツヤ髪をゲット♡

夏に受けた髪のダメージは、秋に現れるって知ってましたか?秋冬のオシャレを存分に楽しむためにも、今からダメージをケアしておきましょう。今回は、口コミで効果があると話題になっているヘアケアアイテムを集めました。

【ヘアケア】9/1発売!ついに♡ロレアルパリからボタニカルシリーズが登場!

ヘアケア市場で話題のボタニカル。ついにロレアルパリからも新発売!9/30 24:00まで合計10,000名様にサンプルプレゼント中!
ura

この記事のキーワード

この記事のライター

ay ay