涼しくてもしっかり肌をカバー!夏の紫外線対策コーデに使えるアイテム

夏の紫外線対策には、肌をカバーすることが一番効果的です。しかし、気温が高い時期に肌を覆ってしまうのはつらいものですよね。そんな不快感を少しでも減らすべく、涼しくてもしっかり肌を覆えるアイテムをご紹介します。

紫外線対策には肌を覆うことが一番!

紫外線対策

紫外線対策

日焼け止めをはじめとして、UVカットができるとされているコスメはたくさんありますが、やはり一番の対策は肌に紫外線をあてないことです。
そのためには、本来は肌を覆ってしまうことが一番です。
けれど、夏場は気温が高いですから、肌を覆ってしまうとどうしても暑さを感じてしまいます。
なるべく涼しく、けれど紫外線対策のために肌を覆えるようなファッションアイテムをご紹介します。

UVカットパーカー&カーディガン

UVカットパーカー

UVカットパーカー

最近では、UVカットパーカーやカーディガンといったものが多く販売されています。
紫外線が強く暑い季節に使うことが前提とされているアイテムですから、非常に薄手で涼しいものとなっています。
中には、接触冷感の生地を使ったものもあります。
また、袖に親指用の穴が開いていて、手の甲まで覆えるようなタイプのものもあります。
種類も豊富にありますから、自分の好みに合ったものを選んでみると良いでしょう。
UVカットカーディガン

UVカットカーディガン

女優帽

女優帽

女優帽

つばが広く日陰部分が大きくなるように工夫された帽子を「女優帽」と呼びます。
カジュアルには似合わないと思われがちな女優帽ですが、最近では多くのデザインの女優帽が販売されているので選び方によってはカジュアルにも使うことができます。
頭に直射日光が当たるのを避けることで、熱中症の予防にもなります。

リゾートワンピース

リゾートワンピース

リゾートワンピース

夏には見た目が暑苦しいと思われてしまいがちなロングスカートですが、リゾートワンピースのような柄のものを使えば違和感なく着ることができます。
リゾート地では肌を出して着ることが多いリゾートワンピースですが、日常で着るときには先に紹介したUVカットパーカーやカーディガンを羽織って使うのがおすすめです。
一見鮮やかすぎる色に見えるかもしれませんが、落ち着いた色の上着を羽織ることで街なかで着ても違和感のないものとなります。

サングラス

サングラス

サングラス

大きめのサングラスも、紫外線対策をするのには良いアイテムです。
目には日焼け止めを塗ることができませんが、目も紫外線でダメージを受けてしまうのです。
そのダメージが蓄積すると、眼病や目の老化の原因となってしまうこともあるのだとか。

サングラスはちょっと印象が強すぎて苦手という方は、色のないUVカットレンズもありますし、UVカット効果があるコンタクトレンズもありますから、そうしたものを使ってみるのはいかがでしょうか?
サングラス

サングラス

いかがでしたか?

海

夏の紫外線は嫌なものですが、工夫次第で涼しく肌を覆って紫外線対策をすることはできます。
ぜひ、夏らしいファッションを楽しみながら、上手に紫外線対策をしてみてくださいね♪
2017年4月17日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年 この春夏も女優肌!エクスボーテのCCクリームは大人女子のマストアイテム☆

爽やかな季節に輝いていたい!紫外線が気になる季節、カバー力と潤いを兼ね備えたエクスボーテのCCクリームで気分も上げていきましょう☆

紫外線は目から入る?!この時期からおしゃれに紫外線対策できるサングラス♡

これから紫外線対策をしなければならない季節がやってきますよね。実は紫外線って目からもたくさん吸収してしまっているんです。この時期からしっかり目まで紫外線対策するためにおすすめのサングラス紹介します♡

UVカット付き【伊達メガネ】で目から入る【紫外線】を防ごう♡

日に日に暑くなってきている近頃、紫外線対策はしっかりできているでしょうか?肌や髪のケアはしている!という方は多いと思いますが、意外と忘れがちなのは目のケアです♡ここでは、目から入る紫外線を防ぐオシャレなアイテムを紹介します。

紫外線が髪や頭皮に与える影響って?強い日差しから頭を守るにはどうする?

肌の紫外線対策はきちんとしていても、意外と見落としてしまいがちなのが髪や頭皮の紫外線対策です。髪や頭皮は紫外線でどんなダメージを受けるのか、紫外線からそれらを守るにはどうしたらよいのかまとめてみました。

紫外線対策は夜にも必要!?ダメージを受けた肌は回復させておこう♪

紫外線対策が必要なのは、外出前だけではありません。どんなに気を付けても肌に浴びる紫外線をゼロにすることはできませんから、夜にも紫外線対策が必要になるのです。紫外線によってダメージを受けた肌はどんな風に回復させればよいのか解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

のぞみん のぞみん