女性特有の不調で悩んでるあなたへ♡アロマを生活に取り入れてみよう!

女性特有の不調は様々ありますが、不定愁訴という言葉で片付けられがちです。アロマは香りを楽しみながら生活に取り入れることができるので、是非トライしてください♪心やホルモンバランスを良い方向へ導ける鍵になります。

アロマと女性の深い関わり

アロマ 妊娠

アロマ 妊娠

近年、アロマテラピーを採用する産婦人科が増えつつあります。なかには、ユズやモミ、ヒノキといった日本人に馴染みやすい精油を使い、産後のトリートメントを行う医院も多いです。妊婦さんに好評を得ており、さらにこういった取り組みが広がるでしょう♡

このように、出産の現場ではアロマテラピーが広がりつつありますが、妊婦さんだけではなく、PMSや月経痛、月経時の不安や更年期障害など女性特有の不調において幅広い不調を軽減することができます。

香りの作用って?

嗅ぐ

嗅ぐ

アロマの香りを嗅ぐだけでリラックスした経験はありませんか?

PMSや月経時、更年期障害などでホルモンのアンバランスによる精神や身体の不調の主な改善方法は漢方やホルモン療法ですが、新しい対処法になりうると注目されているのが「香り(アロマ)の効果」です。

アロマを嗅ぐことで、まずはにおい成分の分子が鼻腔内の嗅覚神経細胞に作用します。
そして、脳の本能的な部分を司る大脳辺縁系や視床下部を刺激します。感情をコントロールする大脳辺縁系の機能を高めてくれる働きがあるのです。

はっきりしない不調が辛い時に。

ラベンダー

ラベンダー

ホルモン、更年期や自律神経系などの不調は、人によって様々です。
病気と診断されていない方でも、長い間不調に苦しむ方も多いです。

病名がつかないのに、長く不調に苦しめられている場合は、アロマでサポートしてみませんか?
ポーチの中に精油を携帯し、辛くなったら香りを嗅いだり、自宅ではアロマを使った芳香入浴やボディトリートメントを行うと精神的にも落ち着いてきます。

腰回りの不調は仙骨まわりを弛めよう。

仙骨

仙骨

仙骨の周辺をアロマでトリートメントすると、腰まわりの不快感や冷えが取り除けます。

ゼラニウムは特におすすめのアロマです。ホホバ油などのキャリアオイルで、腰の仙骨まわりをトリートメントします。

腰から温まり、腰痛や冷えの予防も期待できますよ♪

副作用の心配をしなくてよい

香り

香り

アロマを嗅ぐことは、さまざまなメリットがあります。
まず、スピーディに作用すること。嗅覚は脳とつながっているので、辛い部分に素早い働きかけが可能です。
また、薬を服用する時のような副作配も少ないです。特に芳香浴は安心して行えます。嗅覚に働きかける物質は、嗅神経に直接働くので、他の臓器に負担をかけにくいのです。

早速、アロマを生活に取り入てみよう!

アロマ

アロマ

アロマは、薬のように治療ではありませんが、健康な体や心の維持や、不調の予防やサポートとして、良い影響を与えてくれます。

不調を感じたら身体と同時に心も休めることが大切です。
リラックスできる時間をつくり、心身ともに落ち着ける時間作りが重要です。
香りを取り入れて、充実したアロマライフを楽しんでくださいね♡
2017年1月9日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

外出先でもアロマでリフレッシュしたい!お気に入りの香りを持ち歩く方法♡

少し疲れたり気分が落ち込んだりしたとき、アロマでリフレッシュしたいと感じる人は多いのではないでしょうか。そんなアロマの香りを、外出先にも持ち出せたらうれしいですよね♡おでかけにもお気に入りの香りを持ち歩く方法をご紹介します。

リラックスアロマで癒されながら虫除け対策しよう♪おすすめグッズ6選

海や山へレジャーに出かけたり、夜の花火大会などイベントが目白押しのこの時期。そんなときに虫刺されにあって痒い思いをしたことがある人は多いはず。今回は気分も癒されながら虫除け対策できるアロマグッズをご紹介します♪

【Francfranc】夏の気分を盛り上げてくれるルームフレグランス6選♪

うっとうしい梅雨も徐々に終わりを告げ、季節はもうすぐ夏本番ですね!夏と言えば、海に山にと自然と触れ合えるレジャーの季節。今回は、そんな夏をイメージする香りを部屋で再現できるフレグランスをご紹介します♪

癒し効果も抜群!アロマキャンドル、おすすめの商品もご紹介♡

アロマキャンドル。良い香りと、ゆれるキャンドルの炎に、癒されたい時にピッタリです。今回は、アロマキャンドルについて紹介していきます。

カンロから星型のキャンディ『夜空のおとしもの~流れ星に願いを~』が発売☆

6/7(水)から全国的に梅雨入りしましたね。本物の星空に出会えないなら、お家の中でおいしく星を眺めてみませんか?(゚∇^*)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Megumi Megumi