乾燥&皮剥けしやすい唇に保湿を!おすすめの【リップケア】♡

顔の中でも皮膚が薄く、年中乾燥しやすい唇。 油断するとすぐにカサカサして皮剥けしてしまいますよね。 今回は、そんなカサカサ唇をぷるぷるにしてくれるリップをご紹介します!

メディカルリップ

リップといえばメンソレータムといっても過言ではないほど、皆一度は使ったことがあるのではないでしょうか。
そのメンソレータムから、皮剥けや、口角炎におすすめのリップが発売されているんです。

メンソレータムメディカルリップは、無香料・無着色・メントール無配合と荒れた唇への刺激を減らした優しいリップ♡
また、ビタミンB6、ビタミンE誘導体などの5つの有効成分により、ガサガサ唇を優しく修復してくれます。
チューブタイプのリップは、そのままももちろん塗れますが、衛生的にも手で塗るのがおすすめですよ!
チューブタイプの他に、こちらのボトルタイプもあります♡
好みでチョイスできるのも嬉しいですね!

モアリップ

資生堂のモアリップは、美容雑誌などでもよく紹介されていて、かなり有名ですよね♡
口コミも、かなり評判がいいです♪
医薬品ですが、資生堂が発売しているなんて、意外ですよね。

モアリップは、抗炎症成分はもちろん、皮膚の代謝を促すビタミン類なども配合されており、ひび割れや、皮剥けに効果テキメン!
チューブタイプは、スティックタイプよりも伸びがよく、唇に塗りやすいのも特徴です。

こちらは、毎日使うというよりは、荒れてきたときに集中的に使うのが良さそうですね♡

ユースキン

ユースキンといえば、よく手が荒れたときに使ったりしますよね!
そのユースキンからも、リップが出ているんです♡
シンプルなリップスティックタイプですが、これが使いやすい♪
なめらかな使い心地で、唇にすーっと塗ることができますよ。

天然のトリートメント成分、スクワランや、ホホバ油が配合されており、乾燥しやすい唇をケアしてくれます♡
シンプルなリップタイプなので、口紅を使うときのリップ下地としても使えますよ!

ハンドクリームでも人気のユースキンのリップ、ぜひ一度使ってみてくださいね♡

ワセリン

本当に唇が荒れてしまっているときは、逆に抗炎症作用さえ刺激になってしまうことも・・。
そんな時には、余分な物が一切入っていないワセリンがおすすめ♡
香料や添加物など使用していないので、安心して使うことが出来ます。

また、ワセリンって、べたべたするイメージがありますが、このチューブタイプなら、べたつかずにそのまま塗ることができるのでとっても使いやすいですよ!

チューブタイプで持ち運びにも便利なので、ひとつポーチに入れておくと安心ですね♪

唇はしっかりケアを♡

リップ

リップ

いかがでしたか?
乾燥しやすいと、せっかくのお気に入りの口紅も綺麗に色がのらなくなってしまいますよね。
リップメイクを楽しむためにも、素の唇をしっかりとケアして、潤いを保ってあげてくださいね♡

今回ご紹介した商品は、どれもドラッグストアなどで手軽に手に入るものばかりですので、ぜひチェックしてみてください!
2017年8月5日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

唇の乾燥が気になるあなたに♡おすすめのプチプラなリップクリーム3選!

夏なのに唇の乾燥がひどい!いつものリップクリームじゃ全然ダメ・・・そんな時にオススメのプチプラで手に入りやすいリップクリームをご紹介します♡
kap

夏なのに唇が乾燥する?正しいお手入れでぷるぷるの唇を手に入れよう♡

唇の乾燥と言えば秋や冬などの寒い季節や、季節の変わり目になるイメージですよね。だけど夏なのに唇が乾燥してしまうのはなぜ?その原因とお手入れ方法、旬のリップを紹介。

ガサガサなんてイヤ!【デパコス】VS【プチプラ】のUVケアリップで美唇をゲットして❤

フェイスやボディのUVケアは完璧!! でも、リップのUVケア忘れてない?? 美唇を手に入れるためには、UVケアリップも忘れてはいけません!! 今回は、リップケアにおすすめのUVケア商品をデパコス編とプチプラ編に分けてご紹介します☆

いつでも潤いのあるぷるっとした唇へ♡定評のあるプチプラリップケアとは?

唇が乾燥しますと、皮がむけて痛くなったり、血色が悪くなったりといろいろなトラブルが起こります。そこで、大事なのは唇をしっかり保湿してあげることです。ここでは、そんな唇の保湿に役立つ優秀なアイテムを紹介します!ぜひ、参考にしてみて下さいね♡

ぷるっとしたモテ唇を手に入れよう♡しっかり潤うリップフォンデュを大特集!

季節に関係なく、いつもぷるっとした唇の女性は憧れますよね。そんな憧れを叶えてくれるアイテムを、今回は紹介したいと思います。薬局などで気軽に買うことができるので、気になった方はぜひ使ってみて下さい♡

この記事のキーワード

この記事のライター

nori nori