脱がせてがっかり、なんて思わせない!バストをキープするヨガポーズをピックアップ♪

いつもはブラで上げて寄せてるけど、いざ脱ぐと自信がない…なんて方も少なくないですよね。彼の前で脱いでも堂々としていられる綺麗なバスト作りを始めませんか?バストアップに効果アリの人気のヨガをピックアップしました♡

バストチェック♡

バストアップ

バストアップ

まずは自分のバストの位置が標準かどうかをチェックしておきましょう!
鎖骨と鎖骨のくぼみから左右の乳首までを線で結んで、さらにその左右を結びます。
線で結んだ形が正三角形になっていると正常です。

バストの位置を知ったところで、次にバストアップ効果のあるヨガスタート!
タレない、ふっくらバストをゲットしよう。

ヨガポーズ

木のポーズ

ヨガ

ヨガ

本来の木のポーズは高く手を上げて、キープしますが、バストアップにより効果的にする為に木のポーズをちょっとアレンジ。
基本のポーズは変わらないので
本来の木のポーズで出る背中や肩こりなどにも効き、胸の筋肉もより、鍛えられます。
ツリーポーズ

ツリーポーズ

ヨガをしているとバストアップにも繋がるので、ぜひトライしてみて下さいね♪
木のポーズの手を上まで上げないで胸の位置でストップさせて手のひらを押し合うように力を入れると大胸筋が鍛えられて、バストアップに効果あり!
まずはまっすぐ立ち、右足に体重をかけて、左足を持ち上げ、左の足裏を右足につける。
しっかり立てたら、両手を胸の前で合わせて、キープ!
逆の足に変えてもう一度行い終了。

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ

姿勢を正し、女性ホルモンの巡りを良くしてバストアップの効果が期待出来るラクダのポーズ。猫背もバストが育たない原因でもあるって知っていましたか?
正しい姿勢で大きなバストをゲットしましょう!
足を肩幅に広げて膝立ちして、両手を腰に当てる。
息を吸いながら肩を開いて、徐々に上半身を反らせていきます。
両手とも両踵に置き、さらに上半身を天井まで反らせて、5回深呼吸をして終了。

コブラのポーズ

コブラ

コブラ

背中の筋肉を伸ばして、猫背を改善、バストアップ、ヒップアップもすることができるコブラのポーズ。背中に流れた脂肪がバストの元の位置に戻ってくれます。
まずはうつ伏せになり、肩幅まで足を広げます。
肘を曲げて両手の平を助骨の横に。
肘の真下に手のひらがくるようにして、息を吸いながら、上半身を惜しげるように徐々に反っていきます。
腰を伸ばしながら胸を上げて、顔が正面を向いてように。
背中の筋肉で体勢をキープして、肩甲骨を落として軽く寄せて、胸を開いて5回深呼吸して終了。

まとめ

バストアップ

バストアップ

色んなバストアップの方法がありますが、ヨガならバストアップだけでなく、背中の筋肉を鍛えたり、姿勢が良くなったり、プラスでさらに綺麗に見える効果がたくさんあります。
バストアップのヨガをするのは、胸を大きくする効果だけでなく、タレさせないことにも繋がります。
大きくなってもタレると、美しくないですよね。
美バストをゲットするためのヨガ、今日から始めてみませんか?
2017年5月7日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【美乳】を目指して!!意外とケア方法を知らない★バストケア

スキンケアやヘアケア、ボディケアを毎日のように行っている女性も多いと思いますが、意外とバストケアを行っていない人が多いのではないでしょうか。バストは、女性にとってはとても大切な部分。そして、年齢とともに変化する部分でもありますから、早めのケアが必要です。では、どうすれば綺麗なバストを保てるのか、ケア方法をご紹介しましょう。

夏に向けてのバストUP♡これを食べればワンカップUP♡

バストアップさせたいのに何をどうしたらいいの?と考えたことある方は多いのではないでしょうか。実は大切なのは毎日口にする食事なんですよ!!今回はそのバストアップの鍵を握るといっても過言ではない食べ物について紹介致します♡

一気に色気が作れる♡今どきのボディメイクにはデコルテケアが必須です♡

ダイエットや筋トレなどでキレイなボディラインを作ろうと頑張っているあなた。今どきのボディメイクにはデコルテケアが必須って知っていましたか?

ヨガパンツは可愛いものをそろえて♡ダイエットに人気のヨガを始めるならヨガパンツ選びから!

ヨガは女性のダイエットとして大変人気のスポーツです。家庭でも方法を覚えれば簡単に実践できるヨガの魅力と、かわいくてモチベーションが上がりそうなヨガパンツを紹介します。

体重よりも見た目重視なら腹筋よりもスクワット!!

アメリカでも大流行した30日間スクワットが有名なのでご存知の方も多いかとは思いますが、見た目を引き締めるならスクワットが何よりも効果的です! ですが、スクワットをすると筋肉がつくので体重はあまり減らない、むしろ増えた(筋肉は脂肪よりも重いので)ということも珍しくありません。 なので、体重よりも見た目重視の方にスクワットをオススメします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ay ay