脱【くすみ】素肌からキレイ☆肌にもやさしい洗顔料5選♡

そのくすみ諦めていませんか?くすみは隠すのではなく取り除くもの!くすみの原因は古い角質が溜まっている可能性もあります。

くすみの原因は?

we heart it

we heart it

くすみの原因は、古い角質が蓄積したことなどがあります。
通常、古い角質は、自然と剝がれていくのですが洗顔時に手助けしてあげることでより一層くすみを改善できます。

そこで今回は、くすみに効果的な洗顔料をご紹介します♡

ペリカン石鹸 ドットウォッシー 洗顔石けん

毛穴の汚れをきれいにやさしく取り除いてくれるペリカン石鹸のドットウォッシー 洗顔石けん。
ガスール泥で毛穴の汚れを吸着、AHAとアルガンオイルでやさしく肌をクレンジングしてくれます。

その他にも7種類の保湿成分が配合されていて、洗い上がりは、さっぱりとしながらもしっとりするので、肌が乾燥気味の人にもおすすめです◎
泡立ちもよく、濃密な泡が余分な皮脂や汚れを優しくオフしてくれます。
シトラスの香りもよく、洗顔しながらも癒されます♡

ロゼット  ロゼット洗顔パスタ ホワイトダイヤ

ダイヤモンド、真珠、イオウを含んだひと味違う洗顔せっけんです。

ダイヤモンド、真珠、イオウがくすみの原因になる古い角質をオフ!
さらにローズオイルなどの8種類の保湿成分で肌のうるおいまでもキープしてくれます。
くすみを除去してくれる洗顔料は刺激が強かったりしますが、ロゼッタの洗顔料は植物性&アミノ酸洗浄成分使用、アルコールフリー、鉱物油フリーと肌にもやさしくできています。

ホワイトローズの香りが、洗顔の度に気持ちをリフレッシュしてくれます。

カウブランド 無添加洗顔せっけん

うるおいを保ちながらも角質をオフしてくれるのが、カウブランドの無添加洗顔せっけん。

植物性アミノ酸系洗浄成分が配合してあるので、肌がつっぱることもなくやさしく角質をオフしてくれます。
香料、着色料、パラベンなどの防腐剤、品質安定剤、鉱物油、アルコール無添加が配合されていないので、肌が敏感な方にもおすすめです◎
泡立ちも泡切れもよく、時間がない朝でも素早くやさしく泡で洗顔できます。
余分な香りもついていないので、香りに敏感な方にもおすすめです。

ラッシュ 天使の優しさ

ラッシュでもベストセラーの洗顔料、天使の優しさ。

中世ヨーロッパから伝わるレシピを再現してつくられた洗顔料で、アーモンドパウダーがうるおいを与えつつ古い角質をオフしてくれます。
泡立たない洗顔料で、スクラブのようにして使用します。マッサージするように肌にやさしく使うので、肌の血行もよくなり肌の新陳代謝も高めてくれます。

スパイシーな香りが気分をスッキリさせてくれます。

ファンケル 洗顔パウダー

ファンケルの洗顔パウダーは、独自のつるんとクリア成分で一度の洗顔で角質や角栓、くすみをオフしてくれます。

パウダーなのにさっと濃密な泡ができあがります。この濃密な泡がうるおいを保ちながらも肌をつるつるにしてくれます。
コシがある濃密な泡なので、肌への摩擦が少ないのが特徴です。

専用の泡立てネットで泡立てるとより一層コシのある泡ができあがるので、ぜひ、試してくださいね。
photo ac

photo ac

いかがでしたか?今回は、くすみもオフできる肌に優しい洗顔料をご紹介しました!

肌のごわつきなどが気になるときには、ぜひ、洗顔料を見直してみてくださいね。
2017年8月13日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の毛穴対策術。もっと近づきたくなる肌を作る!

夏の日差しは日焼けだけじゃなく、肌への影響も大きくなります。暑さで毛穴が目立つと気にしている方、いつ接近されても気にならないくらい、毛穴が目立ちにくい肌を作りませんか?
ay

モコモコ泡で毛穴のお掃除☆おすすめの毛穴ケア洗顔料をご紹介!

毛穴の汚れや開きに悩んでいる女性必見!毛穴ケアに特化したおすすめの洗顔料をご紹介します♪もこもこの濃密泡で毛穴をすっきりお掃除しちゃいましょう♪

【スキンケア】『毛穴撫子10周年感謝セット』新登場!すっぴん美人になりたい人必見!

「毛穴が消えて綺麗になった!」「肌がワントーン明るくなった!」と今SNSで大好評の【毛穴撫子】が誕生10周年を記念して、2017年3月21日より『毛穴撫子10周年感謝セット』を販売!

SNSで話題沸騰中!ダイソーの「ほいっぷるん」が超優秀すぎる♡

一瞬でふわもこの泡が作れると話題のダイソーの「ほいっぷるん」 売り切れ店舗が続出するほどの話題の商品なんです。その魅力に迫っていきたいと思います♡

【毛穴・角栓】汚れた毛穴を大掃除!おすすめアイテム5選!

毛穴や角栓って肌悩みで多いですよね。今回はそんな肌悩みにぴったりのアイテムをご紹介します!是非使ってみて下さい。

この記事のキーワード

この記事のライター

tmay tmay