キレイなまつげになりたい方に♡オススメのまつげ美容液をご紹介!

まつげがキレイだと目元の印象が変わりますよね♡普段のメイクが原因でまつげが痛んでる方、まつげをキレイにしたい方に!オススメのまつげ美容液をご紹介します。

キレイなまつげを目指して

まつげがキレイで長いと目元の印象はグンと変わります♡
 
まつげエクステはとっても便利ですが
毎月の出費が大変ですよね。
つけまつげの場合、汗や水でとれてしまう事も・・・
 
そんなことがないように自まつ毛がキレイで長ければ、とっても助かりますよね♡
 
毎日のメイクで傷ついたまつげをケアしてくれる
まつげ美容液をご紹介します!

オススメのまつげ美容液

アンファー

こちらはアンファーの
スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュセラムです。
 
まつエクやまつげパーマをしたまつげにも使えるのでとっても便利♪
塗るだけでまつげの潤いを長く保たせてくれます。
 
ふわふわカールチップが生え際からきちんとまつげを持ち上げてくれるので
とっても塗りやすいです。

独自開発のラッシュDカプセルが配合されており、浸透効果が抜群!
ハリやコシのあるキレイなまつげに導いてくれます。
 
1日2回の使用がオススメです◎

DHC

こちらはDHCのアイラッシュトニックになります。
濃く長い印象的なまつげにしてくれるまつげ美容液です。
 
センブリエキスやプラセンタエキスなどの
コンディショニング成分を配合しており
トリートメント効果によりハリやツヤのあるまつ毛に導いてくれます。
 
まつげエクステやまつげパーマをしたまつげにも使えますよ◎
 
また無香料、無着色、パラベンフリー、天然成分配合、弱酸性で
まつげにとっても優しいです♡
 
ジェル状の美容液が毛先までコーティングし、
ダメージをたくさん受けたまつげを修復してくれるのです。

こちらも1日2回の使用がオススメです◎

アデノバイタル

こちらは資生堂プロフェッショナルから販売されている
アデノバイタル アイラッシュセラムになります。
 
資生堂のまつげ研究から生まれた成分が配合されており、
根本からまつげに働きかけてくれるのです。
 
毛筆補修成分が配合されており、まつげの美しさを保ってくれます。
無橋梁、無着色、低刺激なので目元にもとても優しい仕上がりに。
 
※まつげパーマやまつげエクステにも使えますが、
まつげエクステの接着剤の種類によっては接着力が弱まる場合もあります。
 
こちらも1日2回の使用がオススメです◎

まとめ

以上、オススメのまつげ美容液の紹介でした。
気になるまつげ美容液は見つかりましたか?
 
普段のメイクで傷んでいるまつげ・・・
しっかりとまつげをケアして、
キレイで長いまつげを手に入れましょう!♡
2017年8月25日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【マツ育】まつげハゲ卒業!2000円以下のまつげ美容液で「理想のまつげ」を手に入れよう♡

女性の顔の印象で欠かせない「まつげ」やっぱり長くて、量があって、カールしているまつげに憧れますよね♡最近では、まつげエクステやまつげパーマが主流になっているので、まつげが抜けている…と感じる人も多いのではないでしょうか?すぐに始められる2000円以下の【マツ育】アイテムご紹介します!

メイク崩れを防いでくれる!メイクの最後に使いたい資生堂の優秀化粧水って?

朝キレイにメイクをしていっても、夕方みるとメイクが崩れてしまっている、ということってありませんか?いつでも朝したメイクの状態を保てる資生堂の優秀アイテムを使って、女子力マックスのフェイスをキープしましょう!

9月21日発売!素肌から美しく。資生堂【スノービューティー】で透明感のある肌へ。

昼はおしろい、夜は素肌ケアとして使用できる『スノービューティーホワイトニングフェースパウダー』。そんな話題のフェースパウダーがパワーアップして9月21日より発売!ふぉーちゅん編集部が使用感をチェックしてみました♡

秋の旅行に!オシャレなSHISEIDO×『My Little Box』のコラボBOXが登場♪

あの人気サービス『My Little Box』が資生堂とコラボして【コラボBOX】が誕生!コラボBOXは定期サービスで買うことができます。サプライズで人気の中身は、女子が嬉しい旅行に便利な化粧品など・・・これから秋に向けて旅行に行く予定も増えるかもしないのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

ファンデーションが重くて苦手な方に!おすすめのファンデーション3選♡

ファンデーションを塗ると肌が重くすぐに落としたい、という方はいませんか?肌に負担がかかるファンデーションはなるべくならつけたくないものです。今回はファンデーションが重くて苦手な方に、おすすめのファンデーションをご紹介します♡

この記事のキーワード

この記事のライター

水鳥ゆな 水鳥ゆな