ダブルカラーなしでクリアな髪色が叶う♡ホーユー【ハイ透明感カラー(アプリエ)】が誕生♡

話題沸騰中の「ハイ透明感カラー(アプリエ)」限りなくクリアな発色が、ダブルカラーをしなくても叶う♡夢のヘアカラーです。

ダブルカラーは髪のダメージが大きい…

ダブルカラー

ダブルカラー

最近、アッシュや外国人風カラーが大流行していますね。ハイカラーを希望する女性も多いと思います。
そうなるとダブルカラーでないと叶わないカラーも出てきます。

ダブルカラーとは、ブリーチの後に色味を入れてカラーリングする方法です。
ダブルカラーのメリットとして、外国人のような明るい色を表現できる点です。

しかし、ダブルカラーはブリーチによる脱色で髪への負担が非常に強いというデメリットを抱えています。

「髪の負担を最小限に、カラーリングのみで外国人のような明るく透き通った色味を出したい!」こういった女性の願いがホーユー“ハイ透明感カラー(アプリエ)”でついに実現!!
詳しくご紹介します。

“U-REALM”高木裕介さんも開発に参加♡

高木裕介

高木裕介

ユーレム

ユーレム

表参道にある超有名サロンU-REALMの高木裕介さんも開発に参加されています。
タレント、モデル等とも交流があり、ファッション誌などのヘアメイクも手がけている美容師の中でもトップの方です。
2012年「東京ブレンド」の立ち上げもしており、現在の日本の美容界を引っ張っている存在でもあります。
かつてはSMAPのヘアメイクも担当されていたのだそうですよ。

ホーユー“ハイ透明感カラー(アプリエ)”誕生♡

ハイカラーを綺麗に実現したい♡

ハイカラーが好きな女性は多いと思います。でも、ハイカラーを希望すればするほど理想の髪色から遠ざかってしまうこともしばしば…。
ダブルカラーにすれば理想に近づきやすいのですが、ダメージが強かったり明るくなっても上品さが失われたり、なかなか思い通りのヘアカラーに仕上がるのは難しいです。アッシュは特に日本人の髪の毛で再現するのは難しいようです。
そんな悩みに答えてくれるのがホーユーの「ハイ透明感カラー(アプリエ)」なのです。
ホーユー カラー

ホーユー カラー

13トーン以上の明るさも「ハイ透明感カラー(アプリエ)」で叶える♡

ハイ透明感カラーは、明るくしながら同時に色を入れることができるので、1プロセスでダブルカラーのようなクリアで明るいカラーになります♡色彩が埋まることもなく、発色がはっきりと際立つのが特徴です。
ハイ透明カラー

ハイ透明カラー

髪へのダメージを最小限に。

ハイ透明カラー

ハイ透明カラー

ダブルカラーは相当なヘアダメージを与えますが、ハイ透明感カラー(アプリエ)なら1ステップなので、ダメージを最小限に抑えることができます。

色ムラの心配もありませんし、明るくクリアな発色なのに、上品な仕上がりになります。

革命的なカラーリングをお試しあれ♡

いかがでしたか?ホーユー「ハイ透明感カラー(アプリエ)」はハイカラーを望む女性にとっては嬉しいニュースですよね♡今からワクワクします!
現段段階で、3月より実現予定です。
「ハイトーンカラーはギャルっぽく見える、髪がすぐに傷むから…」と避けてきた方も是非トライしてみてください♡
2017年1月30日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017秋冬【ヘアカラー】マロンアッシュなど♥フェミニンがトレンド

2017秋冬のトレンドヘアカラーはアッシュ。アッシュはくすみ感と透明感が特徴で外国人風のヘカラーになれることから人気があります。特に今季は、マロンアッシュやアッシュベージュなど大人可愛く上品に、フェミニンなヘアカラーがトレンドです。今回は、大人可愛くフェミニンになれるアッシュをご紹介します☆

上品な透明感がポイント!黒髪に似合う【メイク術】

秋冬になると、ヘアカラーを黒髪にチェンジ!という方も多いのではないでしょうか。今回は、黒髪だからこそ似合うメイクのポイントをご紹介します。黒髪にピッタリな清潔感ある透明感メイク術をご紹介します。
YU-

肌の弱い方でもできる♡やさしく角質ケアをするテクニック紹介します♪

古い角質による汚れって、肌をくすませて見せてしまう、女性の大きな敵になりますよね。でも肌が弱くて角質ケアのアイテムがなかなか合わないというあなたでも出来る、やさしい角質ケアのテクニックを紹介していきます♡

【パケ買い必至!】自慢したくなる可愛いパッケージの≪CLUB(クラブ)≫で、すっぴんにも自信をつけてみない?

とっても可愛いパッケージが魅力的な≪CLUB(クラブ)≫その魅力はパッケージだけでなく、すっぴんに自信をつけてくれるアイテムが勢ぞろい♡お泊りはもちろん、休日メイクにも使えるアイテムと、9/11に数量限定で発売されたアイテムもご紹介します!

この記事のキーワード

この記事のライター

Megumi Megumi